2016年10月05日

聲の形 漫画原作版

映画を観て、漫画原作を購入しました。以下ネタバレしております。




原作を読んで、映画は結構原作に忠実なつくりをしていたんだなと思いました。ただ、尺の都合で変更、省略されているシーンは結構ありましたが。特に映画では丸々カットされた終盤を読んで、映画を観て「え?これで終わり?」と感じたのはコレをカットしていたからか、とも思いましたね。

実際、漫画というのは心の内の発言を描くことが多いので、小学生時代の将也のまさにガキっぽい思考が読み取れて、いじめ(本人はそう思ってない)に至った経緯が描かれていました。映画ほどではないけれど、やはりダメ教師っぷりは酷かったし、彼の対応が硝子を「いじめてもよい」という免罪符を与えてしまっていたのはやりきれない。高校編でも出てきますが、相変わらずのダメ教師っぷりでした。

また、川井みき、植野直花、真柴智にもきちんと焦点が当てられていましたね。特に、真柴智。映画では全く触れられず、突然友達になりたいとやってきた怪しい人物だったけれど、原作ではその裏側が描かれていました。彼もまたかつてはいじめられる側で、教師になる夢というのも歪んだ思いの果てだったり、自分が異常ではないということを確認したいがために将也に近づいたり。感情がコントロールできなくなる男でした。
植野は映画よりもよりアグレッシブなキャラでした。映画を1.5倍くらいに強くした感じ。こっちが本来の植野なわけですが、相手の心を思い図れない、直情決行で無神経に口も出すが同時に手も出る人物。将也の、特に硝子がらみになると異常なまでに激昂するのは、将也が好きだったのに我が身可愛さで彼に助け舟を出すことができず、久しぶりに出会ったら、かつていじめていた嫌いな硝子と仲良くなっていたことからの嫉妬なのだなと。
川井みきは、その気持ち悪さがクローズアップされていました。自分が可愛いのを自覚し、それを武器にいざとなると泣いて見せ、優等生を演じている。本人はうまくやっていると思っているけれど、クラスメイトには見透かされている。実際真柴の皮肉の言葉にも気づかないし。橋の上のけんかで、永束が止めに入ろうとすると「汚い!触らないで!」と罵るあたりは地が出てしまっていたなと。

植野と真柴は解決しないまでも自分の問題点を理解していた気がするんだけど、川井だけは最後まで理解していたのかどうか。千羽鶴の失敗を自分の力の無さと思ったのか、今まで通り周りが悪いと思ったのか。最後はそんな自分を受け入れるシーンがありますが、あれは真柴が気の毒な気が。永束くんと佐原さんはそれぞれに向かって進んでいましたね。植野は将也に過去の謝罪とかつての友達二人が転落した将也を助けた事実を伝えて踏ん切りをつけ、いや、最後の最後で自分の気持ちを伝えないところが彼女らしさかな。佐原さんと立場が逆になりつつありますが。

将也は地元に残り、硝子は東京へ。同じ理容師を目指すわけだけど、将也の鈍感力には本当にもう。まぁ、硝子との出会いがそもそもいじめからスタートしているわけだから自分に都合のいい展開を認められないんだろうけども。
卒業から2年。硝子の就職先を心配する将也だけど、まぁ、ほぼ決まってますよねぇ。成人式でかつての仲間が集合、将也と硝子は最後に小学校の集まりに参加するところで物語は終わります。二人の最初に出会ったところに。その出会いは最悪だったけれど、今は幸せ、という締めでした。

原作はいろいろな部分がより深く描かれていました。高額な補聴器を壊されたのにすぐ学校に訴えなかった硝子母の理由、硝子が自分自身を本当にどう思っていたのか、将也が硝子を苛烈にいじめることになるまでの過程、他にも”読む”ことで理解する部分が多々あって、とてもよかったです。漫画家の末席にいる自分から見て、こういう漫画が描けるってすごいと、素直に思えました。
posted by 天誅丸 at 15:05| Comment(0) | 雑記

2016年10月03日

聲の形

「聲の形」観てきました!
面白かった!ぶっちゃけ「君の名は。」以上でした。まぁ、自分京アニファンなので偏ってるかもしれませんが。以下ネタバレ含みます。








原作は未読で映画を観ただけの感想です。

主人公の石田将也は小学6年の時、転校してきた聴覚障碍者であるヒロインの硝子をいじめてしまうわけだけど、これがまた彼一人の問題というよりも(確かに将也は十分問題児ではあるが)、そういう空気になったクラスの全体の問題。特にこの時一番問題だったのはやっぱりクラス担任だった。ダメ教師の見本みたいな対応でいじめを放置、いざ親からの抗議がきたら生徒一人に擦り付けて恫喝するびっくり対応。まぁ、ここでこの人がいい人だと物語が成り立たないので仕方ないんだけども。

結果、高額な補聴器を何台も壊した挙句無理やり取り上げた時に硝子に怪我までさせてしまった将也は、主犯格として吊し上げられてしまう。彼がやってきた直接的ないじめを考えると自業自得だけれど、それでも同じようにいじめていた、もしくは、見て見ぬふりをしてきたヤツらが一斉に掌を返すというのは本当に恐ろしい。彼はその後中学三年間をいじめられる側で過ごし、自分のやらかしたことの報いを受けることになる。

彼はその結果精神的に疲弊してしまい、視線恐怖症のような状態に。人の顔を見られず耳を塞いで世界を閉じてしまう。いじめてしまった硝子に会うために手話を学び、高校中にアルバイトで母が以前自分が壊した補聴器の弁償代を稼いで返却。自分の身の回りのものまで売り払い、最後は自殺を試みようとする。が、これはスタイルだけ。いや、実際それで済んでよかった。彼はこの時いい意味で度胸が無かった。実際、部屋のものをほぼ売り払ってしまったり、カレンダーにそれっぽい予定を書き込めばかぁちゃん気づくわな。結果、彼の無意識下でのSOSだったのだろう。

その後、死ぬことをやめた彼は硝子と交流しようと考える。そんななか、視線恐怖症で対人恐怖症な将也は高校でも友達を作ることができない。ここで、現れるのが永束友宏。彼がこの物語の潤滑油。物語の中で、ひたすら歯車を重くする要素の登場人物ばかりの中で、歯車を軽くしてくれる重要キャラ。永束くんのお陰で友達ができ、硝子とも交流できように。その後小学時代に彼女と仲良くなろうとしたことでいじめられ、不登校になってしまった佐原みよこを探しだして引き合わせる。これがうまくいったと思った将也は小学時代に硝子と関わった人たちとの関係修復を思い立つ。

で、ここから出てくる登場人物は本当に歯車を重くする。特に川井みき。彼女がおそらく一番始末が悪い。小学時代、いじめに加担してた割にはそれを認めようとせず、自分は悪くない、悪いのは将也だと糾弾するわけだ。この性格は後に大きなきっかけを作る。
それと植野直花。将也ほどではないけれど、彼女も積極的に硝子をいじめていた人物。硝子と仲よくしようとした佐原みよこをいじめて不登校になる一因になった。彼女は元々我が強く、高校生になって自分の意思をはっきりと言うようになっていた。彼女の各人物への感想は多少なりとも頷ける部分もあり、いい意味でも悪い意味でも人をよく見ていると思う。将也に気があるみたいだけれど、少なくとも小学6年から中学卒業まではいじめられていた将也を見て見ぬふりだったわけだから、意識不明の彼を今更甲斐甲斐しく見舞ってもなぁと。最近だと珍しいくらいの直情決行型。
それから、真柴智。高校生からの友人で川井の紹介で友達に。なにやら裏のある人物なのかなと思ったけれど、物語の中では特になにも描かれなかった。彼は正直なんで出てきたのかよくわからなかった。

個人的によかったなと思うのは硝子というキャラクター。障碍者というと苦難に立ち向かいさぞ達観している人物のように描かれることが多いように思うけれど、彼女はそんなことはない。自分に自信がなく、だからこそ「ありがとう」「ごめんなさい」で繋いでしまい、へらへらと笑ってしまう。自分の好きな人が目の前で崩れ落ちる様を見て、「自分がいるからダメなんだ」と飛び降り自殺を図ってしまうという暴挙にでる。そんな悩める普通の女の子に描かれていると思えた。

それと、硝子が将也に告白するところ。当初は「え?なんか唐突過ぎない?」と思ったが、改めて思い返してみれば、硝子にとって将也は嫌いな相手だけれど、自分に自信の持てない硝子が初めて我を通して喧嘩した相手。つまり、良くも悪くも硝子にとって特別な人だったのでは。そんな彼が、自分と意思疎通するために手話を学び、彼女のために佐原を探し出したりと奔走する姿はかっこよく映ったのかもしれない。彼女も普通の女の子であるなら、そんな男の子を好きになってしまうかもと思った。

終盤は将也の思い込みと川井の余計な被害妄想からあっという間に人間関係が険悪になり、その原因が自分にあると思い込んだ硝子は飛び降り自殺を図る。運よく将也によって救われるけれど、将也が大けがを負うことに。最後はお互い虫の知らせかいつの間にやらみんなの集合場所になっていた橋の上で再会。将也は硝子に謝罪とお願いをして改めて絆を深める。そして、最後はみんなと仲直りした将也は対人恐怖症を克服しはじめ、明るい音のある世界に戻ってきたのだった。

これで終わり?とも。物語の締めとしては悪くないけど、将也と硝子の関係は友達以上恋人未満みたいな感じだし、川井や直花との関係もやや消化不良だったような、と思ってしまった。小学以来いじめる側に回った島田とも関係修復されていないし。

それでも2時間という映画の中で、将也と硝子の二人に絞ったあのラストはよかったと思う。


BDが出たらぜひとも購入して観直したい。そして、これから原作を買ってこよう。
posted by 天誅丸 at 21:27| Comment(0) | アニメ

2016年09月21日

dアニメストア

前回に続いて、FireTVでdアニメストアがアプリ登録されて観られるようになりました。これはアニオタの私としてはありがたい。月額400円+税で観られると考えるとお安いのではと。

早速登録して観てみました。
さすがにAmazonに比べると圧倒的なタイトル数。懐かしいアニメから今放送中なものまでかなりの数が観られます。思わず観過ぎて夜更かしし過ぎました。
操作性は非常によいです。FireTVのコントローラーで操作の仕方はほぼ同じ。ワンプッシュの巻戻し/早送りがFireTVとdアニメだとそれぞれ10秒と30秒の違い。あとは長押し巻戻し/早送りで同じです。

やっぱりタイトル数の多さは武器ですよね。そして月額料金の安さ。Amazon同様、タイトルが継続して観られるかわからないのでライブラリとして機能するかは別としても、アニメオンリーであれば圧倒的だと思います。

さて、問題点を。
アプリの出来に関してはまだアップロードされたばかりなので今後の改良を期待なのですが、やはりAmazonビデオに比べるとエラーで固まったり、カクついたりすることが多いです。Amazonビデオに比べるとなので私の視聴環境だとフラストレーションがたまるほどではないですが、出来ればこの辺りは今後改善して欲しいところです。

また、ラインナップの不思議。「WORKING!」が好きなので、久しぶりに1期を観てみようかなぁと検索すると、何故か出てくるのは2期だけ。1期だけならまだしも何故2期だけという謎のラインナップなのか。それと、京都アニメーションファンなので、Amazonにはない「氷菓」があるのは嬉しかったし、他にも「甘城ブリリアントパーク」、「フリー」などもありました。ただ、「境界の彼方」はないんですよね。Amazonにはあったのでこちらでは配信できないというコトなんでしょうか。ちなみに2期が始まる「ユーフォニアム」の1期はどちらにもありませんでした。
この謎のラインナップはよくわかりません。この辺は販売元との関係なのだろうと思うので、一概にdアニメストアだけの問題とは思えませんが。

最後にもう一つ。これが一番の問題なのですが、SD作品が多い。今年放送のものでもHDでないものが多いです。でも、ノイタミナはHD作品が多かったりしました。これは流石にもう少しHD作品を増やしてもらえると、と思います。
posted by 天誅丸 at 20:39| Comment(0) | 雑記

2016年09月18日

FireTvStick

3か月ほど前からAmazonのFireTVStickを使い始めました。CSIとか洋ドラを観たいなと思ったものだから。自分は結構前からプライムには入っていたので、お試しもあって安いStickを買いました。

とりあえず、使い勝手をば。
まずは操作性。多少の慣れは必要ですが基本的に巻き戻しや早送りで戸惑うことはありません。10秒送りとか便利機能もありますしね。反応もそれほど悪くなく、動画再生もスムースです。アプリ機能があり、アプリをダウンロードして契約すると、HuluやNetflixを再生することも可能です。時折フリーズしたり再起動したりすることもありますが、自分としては視聴に影響のあるレベルではありませんでした。

私は洋ドラとアニメ主体なわけだけど、正直Amazonで観られる番組はそれほど多くないです。ただこれは個人的な好みもあるので一概には言えません。自分は洋ドラといえばCSIの他にクリミナルマインドとかNCISシリーズといったクライムドラマが好きなんですが、あるにはあるけどレンタルが基本。プライム会員でありながら更に課金しなければなりません。

アニメは比較的今期に入ってから新番組は観られる数が増えました。とはいえ、それも以前に比べればレベル。ただ、ノイタミナの「カバネリ」や「バッテリー」はAmazon専用配信らしく、この辺はアリだと思います。また、ガンダムシリーズも結構豊富で、ガンダム劇場版三部作は初代もZも観られました。初代好きの自分にはありがたいラインナップでしたね。コードギアスシリーズも見放題で、亡国のアギトが全話観られたのはよかったかな。

それと、ラインナップの変更。これはどの動画配信サービスでも仕方のないことですが、自分の好きな「プライベートライアン」はレンタルから最近見放題に。一方で、人気の「ガルパン」は見放題からレンタルへ変更に。つまり、自分のビデオライブラリーとして使うことはできず、いずれ消えてしまう前提で(しかも、比較的短期間に)いないといけないということになります。
まぁ、販売会社からすれば長期間手元に置いておきたいならソフトを買えということなのでしょう。まぁ、わからなくはないけれど、Box買っても円盤を再生機に入れたり出したりがメンドクサイんですよねぇ。

前にも書きましたが、自分は初代ガンダム好きなので劇場版はヘビーローテーションなのですが、これもいずれ観られなくなってしまうのだろうなと。

観たいコンテンツがあるのならプライムビデオはありだと思います。ストリーミング再生機としてもまずます使えますしね。 
posted by 天誅丸 at 16:12| Comment(0) | 雑記

2016年09月12日

MotoGP

MotoGP、ついにダニが優勝!
いやはや、ここ数戦、ミラー、イアンノーネ、クラッチロウ、ヴィニャーレスと初優勝が連続し、今度は今季初優勝のダニ。ダニは去年も後半からエンジンがかかった感じだけど、今年もこれから調子が良くなるかな。本来ならもっと早く覚醒して欲しいところ。この速さでシーズン序盤からいければ4つどもえになること請け合いなのに。

個人的にはワークスが今使っているフレームを今戦から渡された(という話の)クラッチロウが今回9位だったのがちょっと心配。ヴィニャーレスもスズキも安定してきているので、残りのラウンド頑張ってほしいところです。
しかし、来期ヤマハに行っちゃうの惜しいなぁ。
posted by 天誅丸 at 11:14| Comment(0) | モータースポーツ

2016年09月10日

君の名は。

新海誠監督の映画「君の名は」観てきました。

いやー、面白かった!新海監督といえばどちらかというとせつないエンディングが多い印象で、映画を観ながら途中ハラハラしっぱなしでした。





以下ネタバレ含む


体が不定期に入れ替わる主人公二人。心と体が入れ替わるというのはよくあるネタなんだけど、今回新鮮だったのは、この入れ替わりを二人の心の距離が近づく手段として使ったこと。途中から入れ替わり生活がダイジェストになってしまったので単純なインパクトとしては少し弱くなってしまったけれど、そのダイジェストが時間の経過を演出していてよかった面もあったのでアリだったかな。自分としてはもうちょっとだけ二人の距離が近づくエピソードがあっても、とは思ったけれど、今までなんとも思っていないつもりだった二人が、瀧が奥寺先輩とデートするという事態になって初めてお互い自分の気持ちに気づく、という心理描写を考えると、むしろ唐突感があったほうがよかったのだろうなと思います。

ただ、この二人の入れ替わりはあくまでプロローグで、本番はここから。普通に入れ替わっていたと思っていた二人は3年時間がズレて入れ替わっていて、三葉を探しに飛騨にやってきた瀧は、三葉が隕石と化した崩壊した彗星の核の一部の落下によって既に3年前に死亡してたという事実を知ることに。

新海監督の作品イメージからして「あー、やっぱり切ない展開かぁ」と思ったりもしたんだけれど、そこから三葉を救う展開になったのでホッとしました。
三葉の家系、黄昏時、物語のキーワードを拾いつつ、三葉は死なず、しかし、二人の記憶からお互いの存在が消えていく。
そして5年後。何かを探しているという微かな記憶だけが残る二人。その二人が偶然東京で再会する。

で、エンディングを迎えます。正直、ここでもまだ新海節が出るのではとハラハラしてました。結局すれ違って終わっちゃうんじゃないかとか、既に三葉は社会人なわけで、二人は出会うけど三葉の薬指には既に指輪がなんて事になるのでは、とか。でも、無事に再会してよかったなぁと。

新海監督独特の細かい背景描写。キャラクターデザインは田中将賀さんで、デザインも一般にも受け入れられそうなシンプルなものになっていて、大勢の人に受け入れられた大きな要因の一つになっていると思われました。田中さんのキャラデザインは好みなんだよなぁ。

ぜひともBDでまた観返したくなる作品でした。
posted by 天誅丸 at 02:55| Comment(0) | アニメ

2016年09月07日

ナイトライド

久しぶりに夜のロード行ってきました。
夜なのであまりスピードは出さない方向で。久しぶりなので距離もそれほど走りませんでした。途中で雨もパラついたりしたもので。

今はジェントスのSG-355Bというやつをヘッドライトとして使ってます。これでも明るいんですがある程度スピードを出すと照射範囲などで怖くなってくる。CRに埋め込まれているポールは反射テープが貼ってあるので、比較的遠くからも確認可能なのでそれほど問題ないんですが、怖いのはジョギングやウォーキングをしている人たち。せめて懐中電灯とか腕に巻くタイプやペンダント状のLEDライトを着けてくれると存在確認が出来て安心できます。CRは真っ暗なので大したスピードが出ていなくても目の前に突然現れたりする感じになるんですよね。

やはり今のライトではちょっと怖いのでもう少し明るいものに変更する予定でいます。
posted by 天誅丸 at 21:43| Comment(0) | 雑記

2016年09月03日

久しぶりにバイク

今日は久しぶりにバイク。車検後ほとんど乗ってなかったT595で買い物と頭整理ついでに乗ってきました。

一本6千円もしたワンウェイバルブ付きの負圧ホースの交換が功を奏して、アイドリングの高止まりもなく安定してエンジン回ってました。距離としては大したことなかったけれど、これは久しぶりにツーリングに行きたいところ。

買ってきたものはこちら
DSC_0090-1.jpg

車と家の鍵をつけているデグナーのキーホルダー。結構長いこと使ってたんだけど、ボタン部分が壊れてしまって使用不能に。今まで使っていたのは左の赤。気に入っていたので今度は色違いの白を買ってきました。ただ、せめてステッチは白くない方がよかったなぁ。
posted by 天誅丸 at 17:19| Comment(0) | 雑記

2016年09月01日

9月になりました

気が付いたら5か月放置でそろそろブログやってみよう。

とりあえず、うちのオカメインコ。
延々と産卵を続けてしまってすでに卵が10個。初の産卵で、やはり産卵は非常に体に負担をかけます。
本来、オカメは一度に4〜7個の卵を産むようですが、うちの子はすでに3→4→3で計10個産んでます。間は20日ほど空いていて、いざ卵を取り上げようとすると産んでしまう状態。さすがにヤバいのでかかりつけのお医者さんに相談。結局、卵を取り上げて様子をみることに。卵がなくなったことで探して鳴くんだけど、そこは心を鬼にしてひたすら無視。夜は早めに寝かせて人のいないところへ移動。昼もあまり鳴くようだと置き場所を移して様子見。

これで産卵が収まってくれればよいのだけれど。

6.jpg
posted by 天誅丸 at 17:45| Comment(0) | 雑記

2016年04月25日

バイク

うちのバイクはTriumphのT595というバイク。下着メーカーではありません。今年で19歳になりました。来年は成人式です。まだパーツは出るようなので、まだまだ乗り続けようと思ってます。

バイクといえば"ばくおん!"がアニメされて、国内4メーカーとイタリアメーカーの5社が協賛していて、このまま盛り上がってくれればいいですよね。もともとばくおん!は奥多摩で警視庁と安全関係や、耐久レースなんかでもコラボしていて、バイクの世界ではかなり盛り上がってたと思います。それが、アニメになることでそれ以外の人たちにもバイクの面白さを普及してくれればと。

国内市場が40万台を切ったなんてあまり面白くないニュースが出てたりしたものだからつい。まぁ、バイクといえば確かに『夏は暑く、冬は寒く、雨でびしょ濡れ、荷物は積めないし、事故れば危険』と、ネガティブなところだけあげつらえば限りがないです。でもねぇ、乗ってみると楽しいんですよ。私もいい年してまだ乗ってますがホントに乗り出すと楽しい。こんなに楽しい乗り物はなかなかお目にかかれません。

これからも「ほらみたことか」なんて言われないように安全に乗って楽しめればと思っています。


私もバイク漫画描いてみたい。
posted by 天誅丸 at 17:59| Comment(0) | 雑記
Powered by さくらのブログ