2008年07月10日

新作アニメ2

●薬師寺涼子の怪奇事件簿
田中芳樹さん原作なんですね。
容姿端麗、地位も名誉も金もあり、頭も切れて腕っ節も立つパーフェクトな女王様が、朴念仁だが頭の回転が早く腕も立つ家来を従えて事件を解決する物語…かな?オカルトっぽい展開だけど実は種があるのか、ホントに種なしの怪奇事件なのかはわかりませんが、前者の展開だったいいなぁと。最大の焦点は薬師寺女王様を許容できるかどうか。この一点でしょうね。



●夏目友人帳
少女漫画原作ってことで封印を解かれたねこ先生と主人公のラブ話かと一瞬思ったんですが、そうではなさそう。猫先生の招き猫モードが可愛くて見続けたいなと。祖母の友人である妖怪たちに名前を返していく話でしょうか。個人的にはマークしてなかったので続きが楽しみです。



●ワールド・デストラクション〜世界撲滅の六人〜
あの役立たずの男の子が主人公みたいですね。ゲームの宣伝を聞いていると、どうやら徐々に自分の役割に気づいて成長していくようです。深夜アニメというよりも日曜の午前中とかで放送出来る感じ。
モルテは16歳って言ってたけど随分と老けた16歳だな。



●セキレイ
原作既読。原作は典型的な落ちモノ系。そしておっぱいマンガに恥じないおっぱいアニメ。修正もヘンなモヤじゃなくてレイアウトで隠してたりして好感が持てます(爆。セキレイからおっぱい取っちゃうとなんも残らんからね。アニメで声が入ると婚ぐシーンはなんだか余計にえっちく見えますな。
OPと序盤を見ると風花や結女まで出るようなのでお話は懲罰部隊までなのかな。今まで単行本化されているなかで一番盛り上がるエピソードなので、アレで終了はよいのでわと。つか、原作は女の子が増えるだけで本編ほとんど始まってないし。まぁ、個人的には月海好きなので月海と契約するエピソードと結のジェラシーブラックベアーが観られて、おっぱいが堪能できればよいですよ、ハイ。

posted by 天誅丸 at 03:09| Comment(0) | アニメ

2008年07月05日

新作アニメ

バーディーだけ旧作読んでますが、他は原作知らず。



●魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜
開始直後からネットでも話題になってますね、背景。背景制作の会社のコメントだとレタッチではなく参考写真を使った描き下ろしだとか。すみません、レタッチだと思ってました。個人的には違和感ありまくりだし、固定背景でキャラの動きにも制限が出ちゃうので今のところ新しい試みが成功とは言い難いですが、新しい試みの時は波風が立つものです。これが味として定着するかは今後次第でしょうか。人間って慣れちゃうし。背景に食われてしまった内容ですが、まだ1話で導入部なのでこれからという感じかと。…前作とは関係ないんですよね?
個性的なキャラデザインがどっかでみたことがあるなと思ったんだけど、BECKですね。



●西洋骨董洋菓子店
ノイタミナ枠。昔タッキーがドラマやってましたよね。藤木直人が小野役だったと思いますが、ドラマ版だとゲイ(彼を取り合うようになるっていう設定はあったと思うけど)ではなかったような。ゲイな小野とノンケな橘の関係がこのまま続けば面白いなと思うんですけど…。



●鉄腕バーディー DECODE
昔のバーディーはちょっと読んでました。リメイク?と思ったら、ヤングサンデーでゼロから連載してるんですね。既に19巻まで出てるみたいで。
新しいバーディーでも当然2心同体。ところが今度のバーディーは不思議系アイドルもやっているようで、バーディー、つとむ、しおんの三重生活になるのかな?1話は動き重視の作画でアクションもいい感じ。お話は昔と基本変わらないのかな?
昔は競泳水着みたいなコスチュームでしたが、今回はよりセクシーにボディーペイントみたいな感じになってますよ。ゆうき先生の絵柄だとあんまりエロく感じないんだけど、アニメ版はエロいですな。

posted by 天誅丸 at 18:52| Comment(0) | アニメ

2008年04月18日

いろいろ

単行本が6月末に一応決まりました。ただ今作業中。月仕事、プロット、単行本作業とてんてこ舞いです…一ヶ月以上放置でしたね。



そんな中でちょこちょこ書いてた今期の感想をば。ToLOVEるまでは3話視聴。メイドガイだけ原作既読。



●アリソンとリリア
キャラが粗雑に見えるのは気のせいか。まだ始まったばっかりでなんとも言えないけど…。



●×××〜HOLiC〜◆継
前作から継続。まともにCLAMP作品観るのはホリックが初めてなんだけど、個人的には安定して観られる感じ。



●ToLOVEる
これ放送前に友達宅で単行本読んだんですよ。個人的には細かいところをすっ飛ばしてんなーと思ってましたが、アニメはその辺をある程度繋いで描いてるっぽいですな。しかし、深夜といえど規制をいろいろとかいくぐる努力はスゴイなと関心。相変わらずDVDは乳首解禁のようですが…毎回言ってますが、深夜アニメなんだし出してもいいんじゃないかね。みょーなモヤで隠す方がよっぽどヒワイだと思うんだが。



●マクロスFrontier
実は私の周りでの評価はあんまりよくないです。でも私的には一番期待してるかな。マクロス三種の神器、歌、バルキリー、三角関係が盛り込まれていて、歌のストック数も多かったり、随所で細かく使われていたり。シェリルのコンサートシーンもプラスのシャロンよりも前衛的(笑 じゃなく描かれていて、歌に被って戦闘シーンが始まったりってのは初代マクロスを彷彿とさせました。戦闘シーンもだいぶCGが慣れてきて、カメラワークにセンスを感じたりも。スカル小隊とか初代を思い起こさせますな。
そして菅野よう子さんの音楽がいいですよね。とにかくクォリティが高く、これが以降も維持されるならスゴイんじゃないかと。それとランカ・リー役の声優さんの新人臭さも飯島真理さんを彷彿とさせたりして。そえいばシェリルの歌を坂本真綾さんが担当されてますが、声を別にしたのはなんか意図があるんですかね。シェリルの普段のイメージに合わないから?



ただ、心配要素も。河森正治さんは大好きなクリエイターの一人でものすごく尊敬もしている方ですが、私的には彼のここ数作品はびみょーというか…。アクエリオンも3話までは面白かったんだけど、以降記憶に残らなかったり、マクロスゼロに至っては既にマクロスですらアヤシかったり。で、今回のフロンティアは敵がなぞの昆虫生命体っぽい感じで、それがあっちの方向へ最終的に話しをもってっちゃうんじゃないかと危惧しますよ。





お話的にはSMSなる民間組織が最新鋭の機種を扱っていたり(評価テストだけならまだしも実際に戦闘してたり)、その最新鋭の機種を扱う企業に高校の同級生が既に就職して機体に乗っていたりと、ちょっと首を傾げる部分も。あと主人公が斜に構えて誰にでも噛みつく性格なのは別にかまわないんですよ、ちゃんと成長していけば。でも、女に間違えられるのがそんなにイヤなら・・・まずその長い髪の毛切れよ、と。





ミンメイの実家(?)である娘々のCMアイキャッチは面白かったですな。



●かのこん
ToLOVEると同じくお色気アニメ。こっちはCSで15歳年齢制限があるために表現もより過激。でも乳首は出ないんだな(笑。色気肉は新しいコトバかも!?



●紅
いろいろとお家に問題のある良家のお嬢様が都落ちして貧乏なんでも屋の高校生宅に転がり込む話…なのか?流石にあの年齢では恋愛話しにはならないだろうから、貧しくともほのぼのした兄妹のような生活…となると思いきや、2話ではその紅くんもなにやらワケありのようで。細かいカット割りとか動きとかスゴイなと思いましたよ。



●絶対可憐チルドレン
なんか既視感が…と思ったらノリがハヤテのごとくのままなんですな。スタッフも一緒?



●コードギアス 反逆のルルーシュ R2
なんかいろんな意味でしきり直しを計ってる感じ。既に前作のストーリーが記憶の彼方に。これはこの内容でこの時間にやっても新規顧客を開拓できるとは…。枠とかどこでもいいのか…いやいや、この時間だとお色気厳しいんじゃ。夕方枠にもかかわらず視聴率がかなり厳しかったり、3話流出事件があったりと別な意味でも話題に…。



●D.C.II S.S.〜ダ・カーポII セカンドシーズン
主人公はシレっと普段の生活続けてやがりますよ。これで最後元サヤなら面白いけどそれはないんだろな。



●我が家のお稲荷さま。
かのこんと同じ狐の妖怪が出てくるお話。こっちの狐はお色気とかは関係なさそうです。主人公は狐と兄弟の弟くんかな?ヒロインは巫女さん?



●ソウルイーター
夜にはレイトショーをやるという二面構成。みんながレイトショーに期待したが、新作はアイキャッチとED後の映像みたいでガッカリだ(爆。ボンズが遺憾なく力を発揮しててクォリティが高いです。しかし、ヒロインの声が棒読みなのが…。彼女の成長物語でもあるのか!?



●仮面のメイドガイ
まぁ原作既読なので。初めましてだ、ご主人。



●RD 潜脳調査室
士郎正宗企画参画ということで、攻殻の設定をそのままつかった別の話。電脳スタイルという魔法の小箱を得た士郎先生はもうマンガとか描かないんだろな。あの箱なんでも出てくるし。



●クリスタル・ブレイズ
少なくともオレンジ髪の女が使えないってことだけはわかった、うん。



●BLASSREITER
河森正治さんと二分する好きなクリエイターの板野一郎氏が監督。しかし、一話のバイクレースがなんじゃこりゃなデキ。板野サーカスはどうしたのか。メガゾーンでのロケハンは…。通して主人公がだれだかわからない。変身したところをみるとゲルトが主人公?キャスト順だとヘルマンだけど…チラチラと出てきたイケメン風男は一体?…と思ったらどうやら彼が主人公のようで。
武装バイク隊のメンバーちょっと冷たくないか?ヘルマンにとってゲルトは恩人であり親友なのに、必死のヘルマンに対して周りのメンバーは感心なさ過ぎ。最終的にゲルトが収容されないといけないとしてももう少し同情してやってもいいと思うが。アマンダがヒロインだとは思うんだけど、こういうところで株あげないと後でつっこみ処になりそう。
バイク乗りとしては頑張って欲しいんですけどねぇ。



●S・Aスペシャル・エー
エリート高校の更にエリートクラス。ヒロイン以外は全員超セレブという少女漫画ではテンフレのような設定でした。



●ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜
昔ゲーム夢中になったなー。ギルがちっさいじいさんに(涙。夢オチなんだろなとは思ったけど、これを1話に持ってくる理由はなんだろうか。涼宮ハルヒの時ような感覚。あっちはその後が面白かったからよかったものの、この後が続かないと取り返しがつかない気が。
2話になってようやっと冒険モノらしくなってきました。街が冒険者のたまり場になってたり、主人公ジルが無鉄砲な勘違いくんだったり。あの異常な撃たれ強さ(というか鈍すぎる)は盾役の前衛としては適役だ。天然ぽいヒロインはOPと違ってどー考えても色恋にはならなそうな気がするな。



●図書館戦争
法律の拡大解釈で検閲が酷くなり、それに書籍の表現を護るため図書館が反旗を翻すっていう話?でも、冷静にみちゃうと、それが武力闘争にまで拡がって図書館内が内戦状態って、ちょっとトンデモ過ぎないか?と。主人公の王子様はやっぱり教官でしょうかね。2話では一応図書館業務もちゃんとやってる描写も。しかし、なんつーか一応命のやりとりしてるはずなんだけどなんか緊迫感に欠けるっていうか…。同僚の突然の告白とか、やっぱりノイタミナ枠だなと思ったり。



●狂乱家族
既視感が…と思ったら自分の能力を理解している涼宮ハルヒだなと。高速テンポでノリは悪くない。でも、これは1話だと面白いかどうかわからないところ。父親が銃を突きつけて説得というのは観ている側からしても違和感ありまくりだった。それに気づかない父親って…。まぁ突然結婚>子持ち(しかも人外だったり)となれば父としての心の準備なんか出来ないとは思うけど。母親が理不尽に父親をケタグリ回し、おいしいトコだけ持って行くという展開だと厳しいかな。父親には最低限キョンみたいな「役には立たないが必要な存在」程度にはなって欲しいところ。



今期楽しみなのはHOLiCとマクロスF。次点で仮面のメイドガイとRD、ソウルイーターかな。展開次第では紅、ドルアーガと狂乱家族。相変わらず本数は多いんだけど、コレだっ、ってのが少ないなというのが今期かも。

posted by 天誅丸 at 04:50| Comment(3) | アニメ

2008年02月16日

途中経過

以前、アニメの初見と最終話でだいぶ印象が違うと書いたこともあり、ここでなんとなく途中経過をば。



●TrueTears
いやぁ、一番面白いですな。なんつかこの昼メロみたいな展開。三代吉気の毒すぎ。まったくもって彼に非がないだけにあまりにかわいそすぎる…。ただ、紆余曲折しつつ愛ちゃんは三代吉とくっつきそうな感じ。だって、眞一郎にとっては幼馴染であって親友に紹介した都合、100%恋仲にはならないし、自分から手をつないだり、好きなお菓子〜な回想…三代吉のいいやつ加減から、最後は彼の寛大な心で上手く…いってほしいよな。



一方、比呂美は異母兄妹であることを暴露したけど、眞一郎の母親の反応や比呂美の”かもしれない”発言からすると多分違うんじゃないかと。眞一郎の母親の対応や比呂美の諦め発言から異母兄妹な感じを匂わせていたけど、眞一郎の母親のブラフな可能性大。
母親が比呂美をあれだけ嫌っているのは彼女の母親のせいだろうけど、それは比呂美の母親への嫉妬だよね。眞一郎の父親は比呂美の母親のことを好きで、でも比呂美の母親は自分の親友を好きで…みたいな。いまの眞一郎と三代吉と愛ちゃんみたいな関係とか。結局父親は身を引いて今の眞一郎の母親と結婚して。眞一郎の母親は夫のホントに好きな人のことを知っていて、比呂美の母親、しいては比呂美に嫉妬しているってな感じで。今度は自分の息子をあの女の娘に取られるんじゃないかみたいな。



ぶっちゃけ、比呂美と眞一郎が異母兄妹だと、恋愛モノとしては乃絵とくっつくしか結果が残ってないことを考えると、ちょっとその展開はないかなと。でもなぁ、二人が異母兄妹じゃないと眞一郎は比呂美が好きなわけだから、障害がなくなって比呂美と…という結果しか残ってないことを考えるとそれも微妙。それと、乃絵の眞一郎に対する行動は恋愛感情というよりも、雷轟丸の代わりという恋愛とはちょっと違った存在なのかなと思っていたけれど、お兄ちゃんの話だとどうやら乃絵にも恋愛感情なるものがあるっぽいし。今後の展開が読めなくて楽しみだったりしますよ。



そして、一言いいたい。眞一郎の母親、たまには服を変えてあげよう。どんな時でもあのカッコって、ちょっとギャグに見えてきますよ。



●CLANNAD
Kanonでも思ったんだけど、どうも前半またったりしすぎて後半詰め込み過ぎな気がしますよ。智代の生徒会選挙とか1話ダイジェストだし…。
今回のダイジェスト撃滅編は、演出とか動きとか、何より表情が秀逸でお話としては良かったけど、ラブコメチックになった途端わずか2話ほどで全員撃沈。ズルズルやられるよりはいいかもだけど、渚復活>朋也の気持ち確認>全員撃沈までがBパートのみというのはあまりに圧縮し過ぎでは、と。

智代は出番が少な過ぎて押しかけ女房にはちょっと唐突過ぎな気もしなくはないけれど、その分失恋とはいってもそれほどショックには映らなかった、というか性格上感情を押し殺したのか。対して藤林姉妹は強烈でしたな。椋は杏の気持ちもわかっていただけに余計ショックみたいな。ことみは幼馴染で思いっきり好きだと言っていた割には、あのスローな性格故、恋愛方向ではスルー。
個人的には前回のピンポイント占い体育倉庫とか今回の修羅場の食卓みたいなのをもっと見たかったんだけど、お話の性質上、みんな自分の気持ちを引きずることはないと思うのでちょっと残念。



2クールだと思うから残り6話で演劇部の活動、渚と朋也の関係と朋也の家庭の話になるのかな。

posted by 天誅丸 at 13:43| Comment(0) | アニメ

2008年01月16日

新番組の第一印象

なんか改めて書いたモノ見返してみると、一話の印象と最終回の印象って結構違ってますねぇ。前期に関して言えば



レンタルマギカ(まだ折り返しだけど)は一話こそ面白かったものの、それ以降はわかりにくい話数シャッフルとかバトルシーンのもっさり感がアダになってイマイチな感じだったり。



D.C.IIはやっぱり小恋は当て馬なんだろなーと思いつつも、後半、他の女にはマメなのに肝心の彼女へのフォローの無さに主人公へ殺意がわきそうになるっつーか、話の中心をロボ子にするのか彼女にするのか半端すぎてなんだかなーだったり。



Myself ; Yourselfは最初こそスタンダードなラブコメチックだったけど、後半、ヒロインたちがガチ百合ゾクゾク腹黒ちゃんだったり、ガチ近親愛だったり、自分の娘が実は親友の子供だったりとかで、王道ラブコメでわなく王道昼メロだったり。



ドラゴノーツは(まだ終わってないけど)うのまことさんのキャラとおっぱいは魅力的だけど、お話はあのキスダムなみに突っ込みどころ満載だったり。
ただ、このアニメの場合はお話を見るのではなくて、一際アヤシイキャラたちを楽しむものだよなと。個人的には究極kyキャラ、カズキくんがいればオールOKではありますが(爆。…え?死んだ?いやぁ、彼なら死んでないッスよ。更に人相変わって復活するッスよ。



逆にみなみけやefはそれほど関心なかったんだけど、みなみけはほさかとまこちゃんが出てきたあたりから面白く。efは中盤抽象的な演出がやや抑え目になってから観やすくなって、お話の締め方もよかったです。



でもね、



ココしばらく通してやっぱり銀魂にかなうアニメはないな…。夕方にモザイクかかった色のリアルなバベルの塔とか、チ●コ連呼とかありえねぇ。あのすばらしきバカさ加減にはどんなアニメもかすんでしまう。

posted by 天誅丸 at 16:27| Comment(2) | アニメ

2008年01月11日

今期のアニメ

原作知らず、一切初見です。テレビ埼玉遅すぎる…。



●H2O 〜FOOTPRINTS IN THE SAND〜
いきなり女の子の顔面にグーパンチ。ショッキングです。最初は女装した男の子なのかなと思ったりもしましたが、どうやらそんなことないっぽい。主人公は眼の見えない男の子。顔を触るのはまだいいとして、そのまま胸まで行くのは確信犯だ。眼が見えないという設定は斬新で、どういう展開になるのかと思ったら1話であっさり開眼。この設定ここで終了!? 2話では眼が見えるようになったことはあまり大きな話題にならず。主人公は特別な存在で、オトハという女の子は人間じゃないってコトですか。



●AYAKASHI
CSにて先行視聴。CSだと15禁扱いで結構エグく人がバラバラに(ただエグかったのは1話だけだったっぽい気も)。
CSは5話まで進んでますが、戦闘シーンや話の展開のもっさり感がなんとも…。お話がどうもバラバラな感じ。



●PERSONA -trinity soul-
ゲーム原作なのかな。ペルソナってやったことないんですよね。まだ始まったばかりでなにもわかりません。ただ地味に先が気になる感じではあります。



●ロザリオとバンパイア
吸血鬼と人間の…定番かなと思ったら、吸血鬼が人間界に来るんじゃなくて、人間が妖怪側へ行くという話。これは少し斬新。
しかし…ヒロインのスカートは短いっていうか後ろの丈が異常に短いカスタム仕様なんですかね。



●俗・さよなら絶望先生
前回と変わらず。



●みなみけ〜おかわり〜
前回のを全く気にしてなかったものの、途中からみたら変態先輩"ほさか"とマコちゃんが出てきたあたりから面白くなってきました。おかわりは製作もかわりキャラデザインも変更に。でも声優さんたちは変わらないので意外と違和感なかったです。エロスな方向に方向j転換?なんだか3姉妹長女の成長が著しいんですが。カナもトウマも裸を見られると"恥ずかしい"っていう感情はあるんですな。湯気に頼らない表現方法は実にスバラシイの一言に尽きます。



●破天荒遊戯
話がダイジェスト過ぎてさっぱりわかりませんでした。



●シゴフミ
なんかびみょーな既視感が…と思ったら、随分前にやってたしにがみのバラッドに似てるな〜と。廃墟にあったベッドとライト、裸のイメージは明日奈が父親を殺す原因のひとつってことなのかな。最後の最後で彼女の狂気が見えて次回へ。彼女がナイフを持っていたのは最初から彼を殺すつもりだったってコトなんでしょうか。だとしたらどうして殺意まで至ったのか。その辺の展開も含めて次回が気になります。



●狼と香辛料
おとぎ話のようなまったりした展開。行商人と狼少女のロードムービーみたいな展開なのかな。商業的な駆け引きとかそっち方向が強く出てくると面白そう。全裸の少女がOPも含めて全編に出てきますが、エロくみえないのが不思議。全体の雰囲気なんでしょうかね。どちらかというとクロエの誘いポーズの方がエロかったり。
しかし、血は黒く塗り、異常な湯煙で尻すら隠したりするのに、この辺はいいんですな。まぁ、この場合はヘンに隠すと作品の雰囲気ぶち壊しですが。人じゃないからってことなんでしょうかね。



●君が主で執事が俺で
ハヤテのごとく? 東方不敗とジャイアン、そして主人公はスネオ!? 実際モロに意識してるような予告だったけど。



●true tears
1話の印象は一番良かったです。特に背景の色使いは凝ってるな〜と思いました。みんなそれぞれに問題を抱えつつ成長する青春グラフティかな。ただ、前期のMyself ; Yourselfが話が進むにつれて全く最初と印象の違う怪作になったのでまだなんとも。






今期はちょっと少なめかも。個人的な楽しみはみなみけ、シゴフミ、狼と香辛料、PERSONAそれとtrue tears。

posted by 天誅丸 at 06:43| アニメ

2007年10月11日

今期のアニメ

原作を知っているのはこどものじかんのみ。他は一切初見です。



●BAMBOO BLADE
女子高生剣道物語かな。それとも剣道ものっぽいコメディかな。ヒロインの幼馴染っぽい男の子…多分影薄くなるんだろうな。



●スケッチブック
女子高生美術部員のまったり生活。



●逆境無頼 カイジ
もはや言うことなし。アカギもそうだったけど福本ワールドをよく再現してますね。この時間帯はホントにハズレなしです。



●魔人探偵脳噛ネウロ
えーと、魔王と探偵…謎が食料なんでしょかね。なんかもうムリヤリ感が…。



●素敵探偵☆ラビリンス
ネウロはまだ推理っぽいのしてましたがコッチは…か、勘!? 推理すらしてねぇ。つか、あの生徒たちがみんな小学生って方が遥かに驚きです。そしてその小学生が無法な町で綺麗な学校に通ってるってのもね。



●ドラゴノーツ ザ レゾナンス
大好きなうのまことキャラということで期待してます。立派なおっぱいがたっぷりです。まだ始まったばかりでどうなるのかなんともですが。



●ご愁傷さま二ノ宮くん
なんか既に一話から作画がヤバイ気がするのは気のせいでしょうか。人間だけどサキュバスってのは…魔物の末裔とかなんでしょうか。ヒロインが最近には珍しく巨乳ってのはいいですな。



●Myself ; Yourself
最近では珍しいくらい普通の青春恋愛ドラマっぽい感じ。メガネ巨乳の先輩幼馴染の声がちよちゃんってのが。あの声は私の中ではものすごくちよちゃんイメージが強いもんだから、ちょっとだけ違和感。バイオリン弾いてた女の子が巫女さんだよね?すみません、私も最初同一人物とは思いませんでした。



●CLANNAD
Air、Kanonと面白かったので、今回も期待しています。出だしと掴みは面白かったなと。ただ、主人公は斜に構えて、学校では浮き気味っぽい割には有名人的な女の子とは仲が良く、道端でブツブツ言ってる女の子に突然話かけて励ましたり一緒に昼飯食べたりいろいろと世話焼いたりでイマイチちぐはぐな感じ。
交通事故に遭った女の子の幽霊が…なんて噂してた男子生徒たちがいたけど、もしかして、ブツブツ言ってたヒロインが実は幽霊で本物は病院のベッドでまだ寝てるとか!?



ヒロインのお母さんが高校生くらいな見てくれなのは相変わらず。



●灼眼のシャナU
1stシーズンも観てましたが、これはセカンドというだけあって完全に知ってる人向けですな。



●機動戦士ガンダムOO
まだ始まったばかりでなんともですが、男キャラがみんなナルシーな感じに見えるのがなぁ…。ガンダムWのリメイクみたいな感じが。



●ナイトウィザード The ANIMATION
最初なのでまったくわかんないです。秋葉原に高校ってのがスゴイな。意外とオーソドックスなファンタジーものって感じでしょうか。



●D.C.II
昔やってた同名アニメの第二段でしょかね。金髪の理事長は昔出たキャラの人でしょうか。つか1話にして既にエンディングな感じが。もしかして主人公ってば彼女デキたあとに浮気をして…ヒロインが出刃包丁とか持ち出したら怖いな。キャラは丁寧だなと思いました。こういう感じのキャラって絶対描けないけど、勉強しないとダメなんだろうな。



●レンタルマギカ
面白いです。今期のなかで1話が一番面白く見られたのはコレかも。次回も楽しみです。唐突に話が始まってしまったので主人公の能力がよくわかりませんが、なんだかスゴイ魔物を右目に封印してるとかかな。タテロールのライバル社長(?)は出番少なかったけどライバルの女の子二人がいい味出してましたね。是非最初の話みたいなものを希望。



●みなみけ
3姉妹の日常を描くアニメでしょうか。出来のいい長女、元気が取り得だけど考えなしの次女、冷静だが二面性のある三女。原作は4コマとかですかね。



●獣神演武
熱血主人公と覇道を描く、まさに少年漫画的ノリ。普通に面白そうですが、お話が壮大みたいだから絶対途中で終わっちゃうんだろうな…。あっキング・ブラッドレイだ、と思ったら原作に関わってるんですね。



●ef - a tale of memories.
なんか演出がなんちゃって新房みたいだなと思ったら、監修でした。全体がイマイチ掴めない、だれが主人公だかわからないオムニバスみたいなアニメなのかなと。お話も表現も抽象的で何ともいえず。



●キミキス pure rouge
ネットでは荒れてるみたいですね。私は原作をしらないので普通に観られました。ヒロインがたくさん出るなら主人公が多いのはいいかなと。ハーレムエンドとかだと最後刺されそうだし。ただ、原作知ってると改悪だと思うのもわかります。



●こどものじかん
と、録れてない!? テレ玉は放送中止になりました…(もしも原作に忠実に作ってたら)そら無理だろう。しかしなんで今更突然中止にしたんでしょうね。原作もあるんだし、前からわかってたことだと思うんですけど。こどものじかんの物語の根幹はすごくマジメな話なんだけど、そこまで行くのに公共電波には難関が待ってますからねぇ。



継続視聴しそうなのはカイジ、ドラゴノーツ、Myself ; Yourself、逮捕しちゃうぞ、CLANNAD、灼眼のシャナU、ガンダム、D.C.II、レンタルマギカ、みなみけ、獣神演武、キミキスかな。なかでも今のところ期待はCLANNADとレンタルマギカ。
後ろが見たいので一緒に録画というのも何本かありますが、私にしては今期は観るアニメ多い感じがします。

posted by 天誅丸 at 12:06| Comment(6) | アニメ

2007年10月05日

アニメいろいろ

テレ玉、ひぐらし放送休止。い、今更な気がするんですけど。しかも、抜け出すきっかけをつかみ物語りはいよいよ最終章、みたいな展開だったのに・・・。スクールデイズのようにAT-Xにて継続してください。



スクールデイズ、やっと最後まで観ました。スゴイですな。こりゃ地上派で軒並み放送中止になるわけだ。ある意味前代未聞なほどに、ここまでぶっ壊れてれば作り手側の勝利な気がします。nice boat.



前期はオリジナルで面白いのありました。個人的に最終回まで観て面白かったのはグレンラガン、おおきく振りかぶって、黒の契約者、ロミオとジュリエット、ヒロイックエイジ、瀬戸の花嫁かな。中でも全くノーマークで面白かったのはヒロイックエイジでした。キャラデザインがどうしても癖があって障壁にはなっていたけれど、お話の展開、そして音楽がホントによかったです。ここぞというところでの音楽の使い方が良くてお話を盛り上げてました。最後にエイジが還ってくるシーンはよかったですね〜。グレンラガンの最後の最後でニアが消えてしまうという展開(カミナといいキタンといいあのキャラに対する思いっきりのよさがグレンラガンの展開のテンポのよさではないかと)は対照的でしたが、グレンラガンならではで、私はアリだと思いました。瀬戸の花嫁は作り手に愛されてるんだな、と。



新しい作品も始まりましたが、注目なのはクラナド。Air、Kanonと面白かったので、これも期待しています。ただ、確かKanonの後に放送されていた予告編ではワイドだったはずなんですが、TBSだと4:3に。地球へ…やおおきく振りかぶって、怪物王女はワイドだったのにどうしてリサイズされてるんでしょかね。BSiでもいずれ放送されるとは思いますが、その際はオリジナルのサイズでお願いします。

posted by 天誅丸 at 04:37| Comment(2) | アニメ

2007年05月18日

火曜アニメ

○クレイモア
女版ベルセルク? ベルセルクのように過去のお話へ。ラキのお陰で妖魔にならないですむという彼の存在意義をちゃんと組み付けたのはよかったなと。



○キスダム
オリジナル?なんかよくわからないうちにお話が進んでしまい、主人公が死んで…生き返る!? 一話から作画が壊れ気味。人類の存亡を〜ってなわりには主人公は寄生型生命体に?なんだかストーリーがダイジェスト版になっているような気が…と思っていたら4話で総集編が!? そんな超難解な話だったか?



○OverDrive
ナヨナヨ過ぎな主人公が憧れの女の子にそそのかされて自転車レースに目覚める話。類まれな集中力で徐々に本領を発揮していくんでしょうか。自転車版一歩のよう。現実的なヒロイン?と「お話しちゃいました〜」とか言ってる主人公がどう変わっていくのか。
ただ主人公のあまりのヤバさぶりがちょっと。「ボクと深沢さんの未来のため〜」とか、アイコラ作られて学校に貼られたら洒落にならないくらいひくだろう…普通。空気の読めなさ加減が酷すぎる。ただ、自転車部パートになってからようやっと話が動き始めて面白くなってきました。



○ひとひら
あがり症の女の子がひょんなことから演劇同好会に入ってしまう話。個人的にはのの先輩が完璧超人ではなく、意外と意地っ張りなわがままさんというところがよいですな。桂木くんが気の毒すぎる。



○大江戸ロケット
好きです、こういうノリ。ただ、清吉の存在感がイマイチで、どちらかというと銀次郎が主人公みたい。



○ポリフォニカ
ファンタジーアニメ? バイクが変形して…おおっ、ガーランドだっ、と思いきやピアノに!? 作画が1話以降ずーっと危険域に。前回はお話自体も危険域に。





これで一通りかな。

posted by 天誅丸 at 19:09| Comment(6) | アニメ

2007年05月15日

月曜アニメ

○エル・カザド
女ガンマンと謎の少女の逃避行なロードムービーみたなアニメ。作画は綺麗。ただ、話自体はほとんど進んでないというか、淡々と逃げる女コンビを追う賞金稼ぎたちという構図なのでイマイチ退屈になってきてしまう。この辺は好みの問題か。



○桜華月憚
絵は綺麗だし設定も細かそうなんだけど、一話だけだと全くもって意味不明。二話目を見てもまだ不明。一話と二話は繋がってるのかな。三話はどうも二話の前の話?なんかどんどんお話を遡ってるみたい。
どうも内輪で話が進んでいて知識ゼロの視聴者を完全置いてけぼりですが、話を追っていくごとに全容が掴める構成なんでしょうかね。主人公は男?それとも元男?逆さに話が進んでいるのだとしても先を知りたいという引きつけ度合いがどうも足りない感じで途中リタイアしそう。



○エマ
可もなく不可もなく。毎回思うんだけど、地デジだとSD画像ででズームしてることもあってか、画面がものすごくボケボケなんだよな…。



○シャイニング・ティアーズ×ウィンド
えーと、なんちゅか、最近みたこともないほどに素人くさいアニメ。ゲームが原作みたいで、その世界観とか構成を無理やりはめ込もうとしてグダグダになってる感じ。みょーに薄っぺらなお色気と、時間経過とかむちゃくちゃな構成や演出でなんだかスゴイことに…。

posted by 天誅丸 at 15:36| アニメ

2007年05月14日

日曜アニメ

○グレンラガン
ガイナックス作品。トップをねらえ2っぽいノリでキャラもよく動き、あまり細かく考えず勢いで見られそうな感じ。テンポもよくて楽しく見られました。個人的にはヨーコのコスチュームとおっぱいかな〜。あれだけ揺れまくってるのにそれほどエロく感じないのはやっぱりノリのせいかな。主人公はシモンかと思ったけど実はカミナ?グレンラガンもカミナが操縦してたしなぁ。今のシモンの立ち位置は確実にサブキャラです。一年ものっぽいので、少しずつ成長していつかシモンにはカミナ超えをして欲しいところです。あんまりひっぱりすぎるとエウレカセブンの二の舞に…。



今回もみんなカミナの心配はしてもシモンのコトを口にする人は皆無だった。でもシモンはカミナの危機を救ってちょっと成長。次回サブタイトルをみるともしかしてカミナはグレン団から分かれるのかな?だからあえて今までシモンにはスポットを当てずに放置していたのか。しかし…わずか5話ほどで総集編が入るのは最近の流行なんでしょうか。



○ハヤテのごとく
いろんなバイトで鍛えられた不死身の主人公?が勘違いから執事に!? 面白そうなんだけど、主人公の両親のあまりの外道ぶりに正直ひきまくり。まぁ、あくまで導入部なのでどうでもいい設定なのかもしれないけれど。血がみせられないってのはTV局の規制ですかね。毎回のアレはちょっとウザったく思うかも。ヒロインよりも生徒会長の方が可愛いのは基本なんでしょうか。



○ヒロイック・エイジ
オリジナル作品だけに期待したいところ。あの12の契約はあまりに人類に都合のいい感じで、なんか裏がありそうなにおいがプンプン。やはりエイジと同じような人種がいるっぽくて…。銀の種族がどうして人類を目の敵にするのかわからないけれど、彼らも一枚岩ではないようで…。作画は安定しているし今後の展開が気になります。



○瀬戸の花嫁
人魚の実家は極道でした…。典型的なギャグコメディ。人魚と人ってのは古い手法だと思ったけど、逆に今使うからこそ目新しさを感じるのかも。これから延々とボコされる主人公っていう展開が続くんでしょうか。マサさん萌えなのは面白いが使いすぎるとちょっと…。



○らき☆すた
何故かうちのU局ではEPGがずれたらしく1話目を録り逃し。京都アニメーションらしくOPは気持ち悪いほど動いてダンスしてます。みょーなOPが頭に残ってたりして。エンディングがカラオケボックスでの会話という凝った構成。こちらもハヤテと同様パロネタ満載ですが、台詞のハヤテに対してこちらは京都アニメーションだけあってもっときわどい感じの凝ったネタ満載。つかさのToHeratや昨日の"D"とか。



posted by 天誅丸 at 16:13| Comment(1) | アニメ

2007年05月13日

土曜アニメ

○精霊の守り人
女用心棒が暗殺を企てられた王子と逃避行する話。まだ始まったばかりだけど、先が楽しみな感じ。帝と一部のもの以外は王子が殺されるために探されているとは思っていないのか?オオカミ……デカっ!!



○ラブコン
以前映画にもなったマンガ原作。大阪弁での掛け合いとかテンポとか、すごく楽しいです。ノーマークだっただけにうれしい誤算。



○地球へ…
往年の名作SFのリメイク。スタッフも含めて一流どころなのでデキは素晴らしいです。

posted by 天誅丸 at 19:10| Comment(0) | アニメ

2007年05月12日

金曜アニメ

○Darker than BLACK -黒の契約者-
基本的に前後編でお話が展開していて分かり易く、この展開はいいなと思いました。毛色は違うけどコヨーテラグタイムショーもこういう展開で基本的に短編構成でやって欲しかった…。
お話は前後編でもその中には本筋があって、次第に全容が明らかになっていく感じで次回が楽しみです。基本的に悲劇な展開というのも"黒"という物語の色に合っていると思います。次回はテコ入れするみたいですが(笑。



○ロミオ X ジュリエット
シェークスピアのあのロミオとジュリエットですよね?原作と違ってモンタギューとキャピュレットの両家が完全に悪と善に分けられているので、二人の死をもって両家の抗争に幕が下ろされる原作とはちょっと違った感じになるのかな。
昨日の話ではキュリオが「貴族の男にうつつを抜かして」と言っていたけど、確かに悪を討つために「男のことは忘れなさい」というのも正論かも…となると二人が最後に死んでもあんまり"ロミオとジュリエット"という物語としては意味をなさないような気も…。今後の展開が気になります。

posted by 天誅丸 at 03:14| Comment(0) | アニメ

2007年05月11日

木曜アニメ

○風のスティグマ
風使いの男と炎使いの女のダブル主人公みたいな感じなんでしょうか。あそこまで魅力の薄いヒロインも珍しいかな。彼女の「力こそすべて」を体現したような性格が「わがまま」を通り越していて怖いんですけど…。しかも、キス一発でどうも惚れてしまったようで…。
次回予告をみるとおかっぱの女の子はなにかの犯人(?)を誘い出すためのエサとして主人公に挑発されったっぽい?



○おおきくふりかぶって
アフタヌーン連載の野球マンガが原作。アフタ久方ぶりの少年漫画っぽいマンガのヒット作。年取ってるからかもしれないけど、野球マンガって燃えます。



○怪物王女
多分死ななかった王女を守って無駄死にした気弱な男の子を蘇らせて不死身の下僕に加えるアニメ。サザンアイズ?そもそも彼の存在理由が全くないような気がするのは気のせいか。姉のボケぶりは正直病気の域に達してると思うのだが…。

posted by 天誅丸 at 12:12| Comment(0) | アニメ

2007年05月10日

水曜アニメ

あまりにタイトルが多く、書く機会を逸してしまったので順番に。



○ながされて藍蘭島
くだらない、くだらなすぎる。つか、見事なまでにエロゲー設定。しかし、そこが素晴らしいです。普通にプロットだしたら「こんなエロゲーみたいな設定絶対むりだよ」とハネられそうなものの、そこを通す度胸というか眼力なんでしょうか。しかも、女しかいない島っていう事で恥じらいとかがないってコトとか、設定とあいまってお色気パワーを堂々と使いまくり。相変わらずテレ東は湯気でなにがなんだかわからないけれど…。ただ、お話はあまりに単純なので作画や演出がへっぽこになると途端に見られなくなる。どこまでこのノリで引っ張れるかがカギ。4話は作画がきつく、演出も微妙でかなり厳しい感じだったけど昨日は回復。



パラダイスとはいえ圧倒的な人数バランスが崩れるとコワイんですな。



○ギガンティックフォーミュラー
ガンダムファイトみたいな感じ。あれよりもはるかにエグいというか全くもって逆方向。紳士的な戦いを…なんてゆっておきながら、不意打ち暗殺なんでもござれ、民間人も巻き込んで本音と建前というドロドロした大人の事情で紳士な戦いは展開されます。エヴァっぽいのは意識してなんでしょうか。しかし、10年以上たっても未だにエヴァの影ってあるんですな。
キャラはかわいさとかよりも動きを重視した作りでややリアル調。それが余計にエグさというか重さを引き出します。個人的にはこっちの方がより現実感があっていい気がします。何故かエンディングはアニメキャラだけど。



昨日はヒロインが特殊部隊の隊員であることとか、EDにある「想い人」っぽい感じのキャラの面影もちらほら。



○アイドルマスター XENOGLOSSIA
え?これはX箱で出たアイドルマスター?アイドルマスターってロボゲーだったの?ストラトス4のロボ版みたいな感じなのでしょうか。凝ってる作りだったし見てみたいなとは思うんだけど、女の子のみのアニメはなぁ…。



と思ってましたが、これが結構面白い。金髪のちっちゃい女の子はアンドロイドとかですかね。お風呂でクラックっていう設定とかも面白いです。慣性制御でなんでもOKっていうのもミノフスキー理論みたいでいいな。2万メートルからの高速落下で以下次号という話の切り方も熱いッス。

posted by 天誅丸 at 15:54| Comment(2) | アニメ

2007年01月15日

今期の新作アニメ

新作アニメはそろそろ出揃った?



●がくえんゆーとぴあまなびストレート!
最初見始めたときは「えぇぇ…」(箸を持つほうっと言って同じ方向に飛んだあゆに祐一が発した言葉のように)って感じでしたが、これが意外と面白い。というか、一話だからだと思うけど、ものすごく作画が丁寧でした。髪の毛がグラデーション仕様なのは今日びのはやりでしょうか。爪にまで色がついてたり、ところどころに肌紅がさしてあったりして。この作画が継続するなら見てみたいな〜と。
お話的には全然朝とかお昼にやってもいい内容だとは思うんですけど…枠が取れないんでしょうね。



ただ、キャラデザインのせいか、あのロリぷにキャラで高校生というのには無理があるような…。



●マスターオブエピック
いわゆるネトゲーですね。オイラも何回か誘われたんだけど結局やらずじまい。アニメはどちらかというとゲーム宣伝のための…という感じが。ゲームをやっている人からすると面白いネタなんだろうけど、やったことがない人から見ると意味不明に映ってしまっている気がします。あれを観て面白いと思った人をゲームに誘い込む気なのでしょうか。



●ひまわり
これは随分前にやってたヤツの続編ですかね。コードギアスのような変則という感じでしょうか。残念ながら前も観てないんで…。



●SHUFFLE!MEMORIES
楓編、ということでやっぱり総集編なんですな。OP、EDは今後キャラごとに違う感じになるんでしょうか。OPの楓のガッカリぶりがなんとも気の毒。新作カットもOP用なんでしょうか。
ただ、あえて言うと完璧なファン番組な感じ。本編を見てない人からすると混乱しそうな気がします。



●京四郎と永遠の空
介錯先生の漫画は連載始まる端からアニメ化されますね。なんちゅか、介錯先生ワールド全開という感じで。ところどころ過去のキャラが出てたりしたような気がしたので…介錯先生版つばさみたいな感じ?



●のだめカンタービレ
フジのこの枠は丁寧に作ってくれるので安心しています。原作読者もそれほど違和感ないかなと。のだめの「ぎゃぼ」はまだノリがイマイチな感じ。



●ひだまりスケッチ
まったりのんびり系アニメ?原作が4コマらしいのでなんとなく雰囲気がわかる感じ。



●ヴィーナス・ヴァーサス・ヴァイアラス
おいらは苦手でした…



●デルトラクエスト
ものすごーく定型なファンタジー冒険もの。ある意味最近では珍しいくらい定型です。だからこそちょっと新鮮かも。



●メジャー3期
面白いんだけど…よくよく考えるとこれって中学生時の話を高校生でやり直してるだけなんだよな…。第一話は津波情報でほとんど見えず。来週再放送。



●セイントオクトーバー
設定だけ見ると朝の子供番組でもいけそうな感じなんだけど、黒ロリ参上〜っとか叫んでるあたりで、狙って作ってるってことでしょうかね。



●月面兎兵器ミーナ
電車男のOPに出てたアレですよね。おっぱい星人にはうれしいですが、やたらと乳にこだわってる感じがしましたですよ。しかし、EPGだとまとめて情報を出されるので、これ一本だけで録れないのがなんとも…。



ProjectBLUE地球SOS はAT-Xにて既に視聴済みでした。



継続して観そうなのはまなびストレート!、SHUFFLE!MEMORIES、のだめカンタービレ、デルトラクエスト、メジャー3期、月面兎兵器ミーナかな。
ただ、Kanon、武装錬金、銀魂が未だ3強です。今期はこれだっ!!というのがないかも。

posted by 天誅丸 at 15:02| Comment(2) | アニメ

2007年01月08日

いろいろと流し観

仕事をしながらいろいろ流し観。

玉田誠物語やってました。玉田に焦点を当てつつMotoGPを振り返るという構成。去年の玉やんはホントに不運続きだったけれど、今年はTECH3で頑張って欲しいです。こういうのは地上波でやってほしいなぁ。

余談ですが、コニミノのマシンをみてて、トラの外装がまるまる一式余予備があるので、白に塗るのはどうだろう…とか思ったりして。


そのあと、いろいろ新番組をば。シャッフルメモリーズは総集編?それとも続編?亜沙先輩のことをカノジョといってないので、Wowowでやったことをもう一回やるのか…。また空鍋回すのか?



それとCSでスカイガールズというのを観ましたよ。異生物との戦争で20〜30歳代の9割が死亡したという設定で、幼い女の子たちが空飛ぶ戦闘兵器に乗って戦うアニメ。



男たちは年相応の渋いイメージなんだけど、キャラデザインからなのか新兵器に乗る女の子たちはみな16,7歳なのにどうみても小学生に見える…。 セクシースーツはお決まりだと思うんだけど、いくら体を守ってくれる防護幕をセットするからといって空飛ぶ兵器にコックピットむき出しはやりすぎでわ。
ただ、その他のおっさんたちが全く無意味な存在かといえば、意外と存在感があったりして面白かったです。



あとは…Kanon。さゆりさんの頭の包帯が不思議巻きに。ぽろぽろと涙をこぼす舞がちょっと可愛かったり。


地デジ環境に移行して、Recpotの活躍の場が更に広がったものの、iLinkがイマイチ動作不良気味で困ってます。

posted by 天誅丸 at 16:18| Comment(4) | アニメ

2006年12月08日

no-title

今こんな感じでみとります。イチオシはKanon、武装錬金…そしてタガの外れた銀魂かな。



○結界士
面白いです。主人公がちょっとお姉ちゃんにこだわりすぎな気もするけど、それが彼の原動力みたいなもんだからな〜。



○パンプキンシザーズ
最初は今期のイチオシだったハズのパンプキンも微妙にお話がつまらなく…オーランドからだいぶ離れちゃってる気がするんですけど。



○D-GLAYMAN
作画が綺麗な時とそうでない時の落差が…。新たな敵が出てきたりして今後次第なんでしょか。



○NANA
そろそろ2の映画が始まるんですな。ハチ凄すぎだ。なんとなく女の子っぽい女の子には好かれそうなキャラかもしれないが、男からすればあんな女カンベンしてくれって言いたくなる。でも、近場にいるとついフラフラいっちゃうくらい、天然魔性の女なんだろなってのもわかるな。何気にノブが一番気の毒な気がするが、彼はマジメなのが災いしてる。



○武装錬金
週刊ジャンプで打ち切りにあって不評(?)な今作。作画も安定していて綺麗だし、キャラもシリアスとギャグが混在していて実は今最も楽しみなものの一つだったりして。



○夜明け前より瑠璃色な
なんか作画が破錠しすぎててなんとも。お話も…。



○銀魂
すごいよ、ゴールデンから外れたらタガも外れちゃったよ。つか、夕方6時でチ○ポはいいのか!? OKなのか!? スゴすぎだぞ銀魂っ!!



○護くんに女神の祝福を
ツンデレではなくメガデレというそうで。一目惚れかと思いきや、過去にあったことがあるような雰囲気も。



○Kanon
今期最も楽しみなうちの一つ。原作は相当古いゲームだと思うんですが未経験。一度TVアニメにもなったらしいんだけど、そちらも未視聴。
作画は綺麗、演出も素晴らしい、久しぶりにアニメ観てて泣けてきて…。ただ、序盤のいかにもフラグ立ててるような主人公のさまよいっぷりは(^_^;。



○009-1
釈由美子の声優っぷりもあのキャラならではで生かされてるし、お話も面白いです。



○あさっての方向。
からだが家出をしたあたりからお話があさっての方向へ。小学生の男の子がウザいのは全然OK。だって彼は小学生だから。つか逆に応援しちゃうよ、青春だよな〜。問題はおにいちゃんで、あの人のダメ人間ぶりがちょっと。体は大人で心が小学生の義理でも年の離れた妹が宛ても無く家出したら相当心配するよな。警察とか絶対当てにならないし。おちおち仕事なんか行ってられないハズなのに、なんだろかあの落ち着き様は。しかも、元カノの言葉とか全然勘違いしてるし。結局、彼にとってからだは身寄りが無く仕方なく預かったそれほど重要な家族ではなかったということなのか。
まぁ、からだの成長物語ということなら兄貴がアホでもOKってこと?



○すもも
やー、委員長はやっぱり気の毒だよね。



○くじびきアンバランス
もっと砕けた作品なのかと思ったんだけど、みょーな三角関係とか、現生徒会(主に副会長)の新生徒会イジメとかやってると思ったら、生徒会が国も動かしてるとかあまりに荒唐無稽すぎな展開になったりしてまさにアンバランス。どっちかに絞ればいいのでわと思うんだけどな。時乃はウザったい元気キャラなんだけど、そんな彼女が三角関係になる途端にへろへろになるのはちょっと可愛かったり。



○コードギアス
なんだか早くも総集編。まだ8話なのですが…。超豪華スタッフの名に恥じない巧い作りで楽しみではあるんだけど、お話がお話なだけにどうやって落とすのかが心配。能力の高い人ほど超展開になったり自爆ボタン押しちゃったりするしな。



○はぴねす
作画もすごいが、全く影の薄い主人公がどうも。顔の影は新しい試みかとは思うんだけど、一歩間違うと顔色悪い人に。お話も寄り道しまくって唐突にヒロインと仲良くさせたりと、構成がむちゃくちゃな気がするのは気のせいだろうか。

posted by 天誅丸 at 02:32| Comment(4) | アニメ

2006年10月12日

新番組

一通り新番組を見終わったのでまずわ感想をば。ちなみにBLACK LAGOONとすもも意外は原作まったくといっていいほど知らないです。



○パンプキンシザーズ
観た中で一番の期待作。コヨーテのように期待しすぎないようにしようとは思うけど、今後の展開が楽しみ。



○D・グレイマン
絵も綺麗だったし、最初の印象は良かったです。ジャンプ原作で長期休載をしていたとか。



○DEATH NOTE
さすがは日テレ火曜深夜枠。ここはホントにハズレなしですね。原作が終わっているようなので最後までやるのかな。



○RED GARDEN
なんちゅか、かなり不思議。一話だと連れ出された女の子たちが洗脳されて…みたいな話?キャラがみな濃い系で、アニメ系とリアル系を足して2で割って少女系を更に足した感じ。どこを狙っているのかがやや不明。でも、台詞の感じはスゴくよかったので次回もみてみたいなと。ミュージカルにみたいに歌い出すのは仕様?



○ネギま!?
新房昭之監督の大ファンなので期待してます。ネギまは原作をちびっとだけ読んでたんだけど、アニメは原作とはちょっと違う感じ?麦人さんのナレーションが新房シリーズを彷彿とさせます。黒板も金ダライも健在のようで。



○武装錬金
面白かったです。動きもキャラも。とくにまひろがめちゃ可愛い過ぎ。ちょっと熱血バカな主人公も好感がもてるバカっぷりでした。しかし…頬に十時傷の後は鼻ですか…次が楽しみ。



○蒼天の拳
財前〜のあとなので凄いことになってるのかなと思いきや、意外と(^_^;普通の作り。ただ、「あたたたたたたっ」の迫力が激減しているのが…。



○009−1
石ノ森章太郎版チャーリーズエンジェル?釈由美子の声は冷静に物事を伝えているときはそれほど問題ないけれど、いざとなると棒読み感は否めない…。おっぱいバルカンって、そんなところに内蔵されちゃったら百発百中!?



○あさっての方向。
さりげなくみたら実はかなり面白かったかも。パンプキンシザーズ同様楽しみです。しかし、からだは大人になるとナイスバディに成長するんですな。



○すもももももも
これは原作を途中まで読んでました。まぁ、脳内空っぽにして観るのが吉ではないかと。個人的にはマンガのすももの方が可愛かったりして。



○銀色のオリンシス
まったくわからん…。というか一話から作画がかなり危険域にあるような気がしたのは気のせいだろうか。



○護くんに女神の祝福を!
いきなり一目惚れ…というかほぼ初見で「付き合いなさいっ」はムリがありすぎる気が…。主人公(男の方)があまり好きなタイプじゃないので、彼の男らしさがどのくらい出るかでかわるのかな。



○コードギアス〜反逆のルルーシュ
超豪華スタッフっぽいんですが…主人公くんがイマイチ感情移入できにくいというか…。豪華スタッフだからこそ小難しい展開にならなければと思うんですけど。



○夜明け前より瑠璃色な
いわゆる幼なじみものって感じでしょうかね。



○天保異聞 妖奇士
まだなんとも…。



○史上最強の弟子ケンイチ
……主人公があまりにウザすぎる。彼が段々と強くなっていく様を描いていくのかな。深夜じゃなくてもって気もしますが、あの乳がダメなんでしょうか。



○はぴねす!
これも幼なじみもの?二人はまだきづいてないみたいだけど…。



○BLACK LAGOON The Second Barrage
完全な続編、というか放送再開みたいな感じ。双子がしっかり描かれてましたがこれから先どこまで描かれるのかが興味どころ。



らぶどる・ゴーストハント・ヤマトナデシコ七変化・スーパーロボット大戦OG・乙女はお姉さまに恋してる・ときめきメモリアル は一応観ましたが個人的に視聴継続ムリと判断しました。

posted by 天誅丸 at 01:44| Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ

2006年10月03日

アニメ終了

○コヨーテラグタイムショー
えー、なんちゅーかスワンプと出会う手前までは実に面白いお話だったんだけど、それ以降果てしない中だるみが延々と続き、そのまま終わっちゃった感じ。オッサンアニメという意味で一番期待していたのに残念至極。
海賊王のお宝ってぶっちゃけ娘との想い出ビデオってことだよね?これもなんだかなぁ…。ブルースとか出さないで、全体の構成を3話で1エピソードってな感じで、コヨーテvsマルチアーノ一家に絞った方が面白かったような…。ロボメイドも面白そうな感じだったのに後半になるほど存在価値が薄くなっちゃったし、アンジェリカはホントになんのためにいたんだか…。極めつけは津波で波乗りするミスター。アニメだからって割り切りかもしれないが、津波起こして逃走なんて大災害で相当死人が出てると思うんだが…。



○カペタ
終わっちゃいました。今まで観ていた中で一番面白かったアニメでした。毎話の切り方とかスゴく次回が気になる感じだったし、カートのレースシーンとか良く動いてました。ただ、フォーミュラになってからはあり得ない動きしてましたが(^_^;。



○桜蘭高校ホスト部
ハルヒがやきもち!? みたいな展開でお話が動いたと思ったら終劇というちょっともったいない感じ。インスタント婚約者の彼女が関わってくれると人間関係こんがらがって更に面白くなるかなーとか思ったんですけどねぇ。



○いぬかみ
最後まで変態アニメだったな〜。薫は生き返ると思ったけど結局完全には生き返らず。あれは、後々にアニメが続く布石なんでしょうかね。作品への愛が変な方向に行ってましたが、ソコがひじょーに面白かったです。



○.hadk//Roots
初めての.hackだったので頑張って最後まで観ました…が、ファンの人たちには申し訳ないんですが全く意味不明でした。アレは過去の.hackシリーズを観てないと分からないのかな。それともゲームやってる人限定なのかな。ぶっちゃけ、お話としてなんにも無かった気が。



○ひぐらしの鳴く頃に
最後の最後でパラレルワールドというコトを引き合いに出してパラレルワールドな舞台設定を活かす展開に。繰り返し続く閉鎖された次元なのか。ケイイチくんがまともに活躍して一件落着…かと思いきや、お話は終わっておらず。最後はゲームでねということでしょうか。



○ゼーガペイン
近年まれに見る救われない、というか後から後から主人公たちを襲う危機と絶望ぶりでしたが、最後の最後まで楽しませてもらえました。絶望が描かれるからこそその後の希望が際だってみられるんですよね。
シズノの記憶喪失は特に必要ない設定だった気も。カミナギはゼーガペインとサーバーに分離されていたと思うんだけど、結局しっかり実体化したんですね。あれはやっぱりキョウの子供?つか、人口激減でとにかく産めや増やせや状態だと思うのでもしかしたら…スマン、職業病だ。



○HOLiC
最後まで面白かったです。ラストの番外編もよかったな〜。ワタヌキはあれだけこき使われてMだよな〜と思いつつも、延々と一人で生きてきたことで人と触れ合う喜びとありがたさを知ってるんでしょうね。アニメも終わったのでコミックス買ってみよかな。



○ゼロの使い魔
いわゆるツンデレの教科書みたいな展開なんでしょかね。コレがツンデレか…というような。最後の方は随分と詰め込んでる感じでしたが、面白かったです。



○BLOOD+
延々と回り道してましたが、ようやっと終了しました。うーん、一年はいらなかったような気が。最後は予想通りの終わり方でした。



○うたわれるもの
面白かったです。26話という話数でもちょっと足りないかなと思うほど、カペタに次いで観ていた中では次回が楽しみだったかも。終盤の超展開もびっくりだったけど、耳・しっぽつきの理由とかも説明されていたし。最後の最後で切ない展開でしたが、それはそれでOKってことで。



○スクールランブル二学期
意外と普通にラブコメしてて面白かったんだけど、最後はやっぱりお茶を濁して終わりという感じで…まぁ、原作終わってないから仕方ないんだろな。しかし…八雲ってば姉に好きな人がいるの知ってるのに、ハリマくんには傷口に塩みたいな感じ。



○となグラ
ホントに超古典的なラブコメでした。教科書通りという感じ。でも、だからこそ安定していたんでしょうね。そいえばツインテールの金髪中学生ってば、発育良すぎでないかい。







こんな感じで。新しく始まった中では今のところパンプキンシザーズ、そして、ライオン丸Gがあまりにアホ&下品すぎてちょっと楽しみかも。

posted by 天誅丸 at 02:31| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ
Powered by さくらのブログ