2017年06月05日

MotoGP Rd.6 ムジェロ

ドカ、勝ちましたねぇ。しかもライダーはドヴィツィオーゾ。イタリアメーカーでイタリアンライダーってのは、そりゃムジェロも盛り上がったでしょう。しかも、Moto2.3でもイタリア人ライダーが優勝。これ、日本で同じことが起こったらと思うと、サーキットの盛り上がりは最高潮でしょうね。

ドカは相変わらずの詐欺臭い(失礼)ストレートスピードで、ホームストレートの後半でヤマハの二人に追いついて抜き去るという芸当をやってのけ、ホルヘが一時トップを走るという状態でした。ただ、ホルヘに関しては従来のドカパターンで、インフィールドで抜かれて差をつけられズルズル後退。
しかし、ここでいつもと違うのはドヴィ。インフィールドでもヴィニャーレスにしっかりと食いついていき、ストレートでのアドバンテージも保ってトップに立つと、あとは千切って優勝。ペトルッチもヴィニャーレスに抜き返されるも3位表彰台という快挙。ドライコンディションでですよ。
ヤマハ二人は前後ともハードタイヤ、ドヴィはミディアムだったので、後半落ちるかもと思っていましたがとんでもない。まさに完勝でした。やっぱりあの弁当箱こと、マスダンパー(かもしれない)がタイヤ消耗度に対して効果があるんでしょうかね。

ジジとホルヘはドカのGPシリーズをより曲がるマシンに変えていくつもりのようですが、ストレートがバカみたいに速く、タイヤに優しくて、しかもよく曲がったらイヤなバイクになりますねぇ。普通ならどれかが犠牲になりそうな気もするんですが、ドカは全部揃えそうで怖い。

さて、問題はホンダ勢。調子のよかったダニも2016年仕様のフロントタイヤになったからか精彩を欠き、前年チャンピオンのマルクに至っては本当に噛み合っていない。前年までの多少マシンが振られようが滑ろうが、全く気にせず修正してしまう、超人的というか強固なイメージがないんですよね。なんというか、中本さんという絶対的なリーダーがいなくなって、マシンの方針がブレブレになってるんじゃないかと思ってしまう。私はホンダファンなので、是非とも頑張ってほしいところです。

まぁ、SBKでもそうだけど、最近のホンダレーシングはちょっと不甲斐ない気がします。
posted by 天誅丸 at 15:32| Comment(0) | モータースポーツ

2017年02月27日

バイクレースのシーズンイン

WSBが始まりました。私のバイクレース観戦もシーズンイン。WSBは中こそ違うけれど外見は市販車のバイクレース。接触もあるかなり迫力あるレースです。

さて、今年の前評判は昨年の覇者ジョナサン・レイ擁するZX-10RRとチャズ・デイビス擁するパニガーレの一騎打ちな感じでしたが、レース1、2ともにまさにそんな感じ。そこにロウズのR1が絡んできてかなりの接戦になりました。
レース1ではマルコが、レース2ではサイクスがそれぞれ脱落してしまったわけだけど、レイとデイビスのバトルは本当に見ごたえありましたね。そこへ、サイクス、マルコ、ロウズ、それにフォーレスまで加わって実に興奮する第1戦フィリップアイランドになりました。
特にレース2は最後の最後まで争うレース。タイム差0.025秒。やはり最終ラップの第一コーナーで前に出たレイの作戦勝ちでしたね。

さて、問題はレイの相棒のサイクス。レイが来てからNo.2な立場に甘んじてますが、フィリップアイランドは苦手とはいえ、レース2の失速はちょっと心配になるレベル。まぁ、シーズンは始まったばかりなので少しずつ修正してぜひともレイ、デイビスの間に割って入ってほしいです。


そして、ホンダ勢。ホントに勝つつもりがあるのか。もともとホンダはここしばらくWSBには及び腰という感じだったのだけれど、ヘイデン獲得でもうちょっと真面目にやるかと思ったんだけどもテストからすでに散々で開発もうまくいかず、CBRも新型とはいえエンジンやフレームはキャリーオーバーなわけだから、もうちょっと前準備もちゃんとしてくれたらと。ヘイデンだってやってられないと思うのでは。RVFっぽいVエンジンの新型を開発してるなんて噂もまた出ているようだけど、あと2年もヘイデンは待てないよねぇ。ホンダ好きなので頑張ってほしいんですよ。去年のCBRの方がまだマシだったなんてヒドイ。
一方でR1はよくなってきました。新規参戦の去年はなかなかいいところを見せられず、他のレースでは無類の強さを見せているだけに残念だったけれど、ヤマハも本腰いれてくれている感じもします。ロウズは相変わらずラフな走りだけど、転倒することもなく、そこは落ち着いているみたい。


WSB、次戦も楽しみです。
posted by 天誅丸 at 14:10| Comment(0) | モータースポーツ

2016年09月12日

MotoGP

MotoGP、ついにダニが優勝!
いやはや、ここ数戦、ミラー、イアンノーネ、クラッチロウ、ヴィニャーレスと初優勝が連続し、今度は今季初優勝のダニ。ダニは去年も後半からエンジンがかかった感じだけど、今年もこれから調子が良くなるかな。本来ならもっと早く覚醒して欲しいところ。この速さでシーズン序盤からいければ4つどもえになること請け合いなのに。

個人的にはワークスが今使っているフレームを今戦から渡された(という話の)クラッチロウが今回9位だったのがちょっと心配。ヴィニャーレスもスズキも安定してきているので、残りのラウンド頑張ってほしいところです。
しかし、来期ヤマハに行っちゃうの惜しいなぁ。
posted by 天誅丸 at 11:14| Comment(0) | モータースポーツ

2015年07月13日

沼田〜日光方面ツーリング

日曜日に突然思い立って沼田から日光にかけてツーリングに行って来ました。関越に乗って沼田まで。

まずは上里SAで休憩。

DSC_0017.jpg

バイクいっぱい居ましたねぇ。ちまたではバイクなんぞおっさんの道楽で若いヤツなんていないよ、なんて言われてましたが、20代と思しき若者も結構いました。まだまだ業界捨てたもんじゃないと思いましたよ。

その後沼田で降りて国道120号をひたすら日光方面へ。老神温泉で温泉に浸かろうと思ってたんだけど、見事にスルーして吹割の滝まで行ったところで通り過ぎたことに気付く始末。慌ててUターンして老神温泉で湯に浸かりました。

DSC_0018.jpg

これが実に気持ちよくて3時間券を買ったと思うんだけど、かなり時間を使い切った感じ。昼食もここで食べました。梅おろし蕎麦美味しかった!

その後、再び国道120号を日光方面に向かって走行。戦場ヶ原などを通って華厳の滝まで。ここで久しぶりに滝見学でも、と思ったら既に時間が結構押してることに。実は当初から国道120号から分岐している122号を使って下道で自宅近辺まで帰ろうと思っていたので、今からだとかなり遅くなりそう。なのでスルーすることにしました。
途中から122号に入るとこの道が実に走りやすくて気持ちいい。おそらく本日一番ツーリングした!と思えた道かも。

しかし、桐生市に入った辺りで渋滞に巻き込まれ、まだまだ何カ所か市街地を通らないといけないことを考えると、流石にぐったり。結局、北関東道に交差するところから高速経由して東北道で帰宅と相成りました。

走行距離は約350km。久しぶりのトラは重いし首と腰にきたけれど、やはりツーリングは楽しい!と感じた1日でありましたよ。
posted by 天誅丸 at 13:05| Comment(0) | モータースポーツ

2015年07月05日

バイクのハンドル交換

この間友人とのツーリングを中止の危機に陥れたうちのバイクのハンドルですが、オークションで落札したので交換しましたよ。
まぁ、単純にブレーキマスター、スイッチボックス、スロットルとグリップを外してハンドルクランプとバーごとマル入れ替えするだけの単純なお仕事。

で、交換して試走…しようと思ったら今まで使ってたライディング用のシューズのバックルがブツ切れ。仕方なく普段履きの靴で出発。まだ角度の微調整が必要だけど久しぶりに乗ったバイクは楽しかった。

DSC_0013.jpg

このヒンジの部分がボッキリ
DSC_0014.jpg
posted by 天誅丸 at 22:23| Comment(0) | モータースポーツ

2015年06月22日

トラとツーリング

友人と久しぶりのツーリングに出かけようということになり、トラのエンジンに火を入れようとガレージから引っ張り出そうとしたら
バキッ
という音と共にポロポロとパーツが脱落。慌てて音のした箇所を見ると、ハンドルクランプのヒンジの部分がバッキリ割れていて部品が飛散。出発直前で不動状態に…。もう17歳なので劣化はあるとは思うんだけど、思わぬところが破損してなんともはや。やっとバッテリ関係修復したのに今度はハンドルなのかと。

仕方なしに中止にしようと思ったんだけれど、友達の厚意でCBR250RRを借りて奥多摩ツーリングに急遽変更。奥多摩から秩父に抜ける峠をまったり走ってきました。本当は昼食目的で走ったんだけど、遅くなってしまったこともあり目的のお店は昼食時間が終わって休憩中。結局、わらじカツ丼を食べて帰ってきました。

ツーリング自体楽しかったんだけど、やはり特質すべきはCBR250RR。軽くて足つきが良くて2万回転までよく回る4気筒エンジン。本当に楽しいバイクでしたよ。軽いってホント大事。
DSC_0001_1.jpg
posted by 天誅丸 at 23:10| Comment(0) | モータースポーツ

2015年06月14日

MotoGP

昨日の予選は燃えましたな〜。なんとスズキが1.2デスヨ!
ニューエンジン投入とはえ、ストレートスピードではトップチームに比べると2〜4km以上遅い状況でアレイシだけでなくヴィニャーレスまでもトップ2にというのはやはりコーナーで相当速いということなんでしょうね。もともとコーナースピードは速くフレームの出来はかなりよいという噂だったし、熟成が進めば早い時期に表彰台に上がることもあるかも。

明日、というか今日は本戦だけど、流石に勝てるほどレースは甘くないですな。実際、ソフトを履いたアレイシの一発予選トライでは前後輪ともにかなりズルズルで不安定だったことを考えると、あの状態で1レース走りきるのは事実上無理なのではと。

それでも、GSX-RRの可能性を期待させてくれる素晴らしい予選でした!
posted by 天誅丸 at 01:14| Comment(0) | モータースポーツ

2009年11月06日

モータースポーツ

ある程度わかっていたけれど、トヨタのF1撤退。結局1勝も上げられませんでした。ブリヂストンも来年までで撤退。



我らが2輪レースの世界もあまり楽観視していられません。MotoGPは去年、首の皮一枚でカワサキっぽいチームが生き延びたものの、あいも変わらず厳しい状況は続いています。今年は途中でセテのチームが撤退しましたし。



来期はハヤテの変わりに青山選手のホンダチームが入りますが、プライベートはオンデの例もあるので結構不安です。



特に2輪は日本メーカーに依存している部分が大きいので、ホンダあたりが撤退なんて言い出したらそれこそ存亡の危機に…。まあ、ホンダが2輪レースから撤退したら、それこそホンダの魂は死んじゃったも同然でしょうけれど…。


悲しいかな景気の問題や環境の問題なんかもあってモータースポーツはどんどん先細りな感じです。

posted by 天誅丸 at 16:45| Comment(0) | モータースポーツ

2009年09月24日

MotoGP

今期既にMotoGPのストーブリーグも終盤。ほぼ全てのシートが埋まる直前になってました。

Tech3は正式発表こそないものの、スピースとエドワーズで決定だろうし、プラマックもカリオとカネバ、もしくはエスパルガロ。となると残りはLCRだけ。

で、そのLCRがランディーと契約延長したことによって、青山博一選手のMotoGP行きがほぼゼロに。最後の薄い可能性としては、LCRが2台目を走らせるということ。もしくはハヤテがヤマハエンジンで再始動というネタが本当になるコトくらいでしょうか。

微妙な成績でも最高峰へ行くライダーが居る一方、(既に開発の止まったマシンで)チャンピオン争いをしている青山選手が最高峰クラスに行けないというのは寂しいですね。今回はライディング技術ではなく、資金工面の技術ということで、厳しい言い方をすれば彼はこの辺の技術が足りなかったということなのでしょうが、少なくとも日本人であるということが最大のネックになっているというのがなんとも。今更ながらにMotoGPがヨーロッパスポーツであるということを思い知らされますね。

マシンは日本製でも実力のある日本人ライダーを走らせるところまで資金が回らないというのが実情なのでしょう。

来期(ちょっと早すぎますが)はスピースに期待かな。
posted by 天誅丸 at 16:52| Comment(4) | モータースポーツ

2009年01月14日

モータースポーツ

来期は暗い話題が多いですな…。

ホンダのF1撤退から始まり、スバル、スズキのWRC撤退。そしてカワサキのMotoGP撤退、クスコインプレッサのSuperGT参戦休止。アジアパシフィックラリーに注力するそうで、参加車両もインプレッサからランエボへスイッチ。クスコ=スバルな私的イメージは変わっていきそう。

まったく話しがズレますが、昔スバルパーツを多くリリースしていたAQUAってメーカーがあったんですが、あそこはアクアプラスの関連会社だったんですねぇ。最近知りました。


日本メーカーが軒並み大規模開催のレースから撤退してますが、外国勢はそうでもないんですよね。特に現状かなりヤバそうなFordは来期もWRCに参加しますし。スバルは今のFordよりもヤバいのか…。

そしていずれのメーカーも来期の契約をした上の撤退で、ストーブリーグがどこも終了した状態で放り出されたチーム関係者はホントひとたまりもないですよね。まぁそれだけ状況が急変したということなのでしょうが。

MotoGPといえば今のところアスパーにカワサキのマシンを…という話しが出ているようですが、シートをいきなり失った二人のライダーのためにも、2008年のマシンであっても走れる環境が出来て欲しいですね。
もしこの案がポシャったら、MotoGPは世界選手権じゃなくなっちゃうってコトでしょうか。


全然関係ないですが、今年のMotoGP日本GPの開催日程がComic1とかぶってて、どっちをとるか悩み中。


posted by 天誅丸 at 19:39| Comment(0) | モータースポーツ

2008年03月11日

<リザルト有り/MotoGP Rd.1 カタール・ロサイル>

今年からはモータースポーツの話題もこちらに書き込もうと思います。



気温18度、路面温度19度、湿度58%、ドライコンディション



MotoGP開幕戦。
今年の開幕戦は史上初のナイトレース。シーズン前のテストでは序盤こそ前年王者のストーナーはあまり調子がよくなかったものの、中盤以降は仕上がりもよくBMWも持って行きました。終盤ではロレンソも調子を上げていたのでどうなるのかとちょっと期待。



予選ではその前評判通り、いきなりロレンゾがポール獲得。Tech3の2台もフロントローとミシュランヤマハ勢がフロントローを独占。一方BSを唯一選択したロッシは3列目に。今期のBSはナイトレースの低温路面に泣かされて、思ったようなグリップが得られない様子。
レーススタート時はペドロサがジャンプスタートしたんじゃないかと思うほどのロケット発進。しかし、序盤でロッシに追いつかれ後退。この後彼はロレンソ、ストーナーのふたりにも一気に抜かれて4位へ。トップに立ったロッシはそれ以降ペースが上がらずロレンソ、ストーナーに抜かれてしまう。それ以降トップの二人に徐々に差を開けられてしまうロッシ。その後はペドロサとの3位争いへ。



トップグループの二人はその後ストーナー、ロレンソの順で安定走行へ。後方では中盤にロッシとペドロサの3位争いが決着してロッシは4位へ。その後彼はドヴィツヨーゾにも抜かれて5位転落。そのままチェッカー。



今回はやっぱりロレンソ。250時代の強さはそのままMotoGPでも通用しますね。ロレンソもドヴィツヨーゾもロッシのインに切り込むあの度胸は大したもの。今後が楽しみです。一方のロッシは…BSのストーナーが優勝したこともありグリップ不足はいいわけにならないし、なによりも同じチームでミシュランを履いているロレンゾがMotoGP初レースで2位表彰台だから…。でもシーズンはまだまだ始まったばかりなのですべてはこれから。
それとやっぱりドゥカティは速かった。昨シーズンのような反則クサイほどの速さではないものの、ストレートで並ぶとスピードの乗りが違います。ストーナーの走りも王者らしい堂々としたモノでした。



開幕はスズキもカワサキもちょっと…でしたな。次戦は頑張って欲しいです。あと中野くん。今回チームメイトのデ・アンジェリスが転倒だったからまだよかったけれど、次はもっと上を目指して欲しいところ。彼は十分速いんですから。

posted by 天誅丸 at 17:05| Comment(2) | モータースポーツ

2008年01月12日

GP8

そろそろ今期のMotoGPマシンの発表会ですな。まずはドゥカティGP8から。昨年圧倒的な強さを見せたマシンですが、ストーナーはあまり変更を望まなかったようで、GP7の熟成モデルな位置づけなのかな。

市販車の1098にも次のモデルからトラクションコントロールが付くようですな。最近のモデルはスリッパークラッチとか便利な機構がついたりしてますますバイク任せになってますなぁ。スリッパー…ホントに便利だもの。
ただ、トラコンはトラクションのわかりやすいツインよりもマルチの方が恩恵がわかりやすいんではないかと。たぶん日本車にもすぐ付くとは思いますけど。


posted by 天誅丸 at 04:06| Comment(0) | モータースポーツ

2007年10月06日

果てしなく今更ですが

果てしなく今更ですが、MotoGP日本グランプリ終了しました。今年はチケット取ったにもかかわらずとある事態で行けず終い。
ワールドチャンピオンおめでとうストーナー、そして、おめでとうカピやん。カピロッシは日本GP三連覇。ドライセット用のマシンに乗り換えるタイミングが絶妙で、終わってみたらぶっちぎりでした。ロッシ自身はタイミング的に問題ないといっていたモノの、確実にピットインミスに見えたのは私だけじゃないハズ。その後フロント周りに問題を抱えていたみたいでペースが上がらず後方に沈む事態に。ペドロサは最終コーナーで転んでたし・・・。



今年のMotoGPはまさしくストーナー劇場でした。去年までの彼は一発は速いけどここぞってところで転んじゃうタイプで、まぁそんな走りが彼の魅力でもあったんだけど、ドゥカティGP7とブリヂストンのストレートがバカっぱやで多少ラフに扱ってもビクともしないパッケージングが彼のライディングにあったのか転倒もなく、勝てないレースでもしっかり走って表彰台という非常にクレバーな走り。まさしく王者。後半、あのロッシが勝ったストーナーにパルクフェルメで握手を求めたのを観たとき、あぁ、ロッシはタイトル諦めたんだなというのを感じましたよ。



来年はライダーの移籍や新顔などもあり、もう少し混戦になってもらえるといいなと。タイヤのワンメイク化の話も出ているみたいだし、どうなることやら。



そそ、私はG+観ていて、途中から地上派とザッピングしてたんですが・・・ひどいですな。わずか1時間ちょいしか放送時間がなくて、それも編集。視聴率取れないからなのかもしれないけど、フジなんかF1の予選で1時間半も放送してるし、木村拓哉を起用したり画面はワイド放送だしで、同じモータースポーツとは思えない入れ込みの違い。放送歴史の違いって感じなんでしょうかね。



そだ、全然関係ないですがヘルメットも新調予定です。ショウエイ予定で。サーキットなら白が定番だろうけど、グラフィック好きとしてはグラフィックモデルが欲しいんですよね。ただ、問題はショウエイだとあんまりかっちょいいのがないっていう・・・。

posted by 天誅丸 at 03:23| Comment(2) | モータースポーツ

2006年09月24日

今日はMotoGP

今日はツインリンクもてぎでMotoGP観てきます〜。90°コーナーのトコで観戦しますよー。

posted by 天誅丸 at 07:05| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2006年02月09日

モータースポーツいろいろ

仕事の合間にちょっと現実逃避。



モータースポーツ関係。WRC第2戦スウェディッシュでペタが悲惨な目に。今度は着地でドライブシャフト破損、今年からパッシブデフなので雪道を後輪駆動という恐ろしい状態で走行。しかも、ミッションの油圧が下がって変速不能に。挙げ句にスタートでエンジンストール。モーターが回らずにエンジンがかからないため、コ・ドライバーのミルズがパルクフェルメの先まで押すハメに。結局失格。
良かったことは、三菱勢が好調だったこと。ランサー05のガリさんとダニエル・カールソンの三位争いは非常に良かった。次戦は参戦できないけど、早く三菱には復活して欲しいです。

2006インプは先行して出したのに去年よりも出だし躓いてます。スズキが来年WRCにステップアップかも、という噂も。

バイクではロッシがフェラーリテスト。もう余裕なんでしょかね。バロスがクラフィホンダからSBK参戦決定。ヒゲマリオ氏はアルスタースズキから出ると言われていたけれど、結局リストに名前はなし。
MotoGPホンダ勢ではマルコが調子いいです。ニッキーはワークスのエースになったんだから今年こそロッシのしっぽをつかんで欲しいところ。セテの赤いスーツはみょーな違和感ありますな〜。そういえば、チェカはテック3M1+ダンロップというパッケージングで参戦なんですよね。テストではロッシに迫るタイムを出してるみたいで、ダンロップもいい感じのようです。

バイクのレース。まずは25日、カタールでSBKからスタートします。

posted by 天誅丸 at 02:41| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2006年01月23日

WRC Rd.1 モンテカルロ<リザルトあり>

今期の初戦はグロンホルムが優勝〜。しかし、それ以上に恐ろしいのは2位にロウブがいること。この人一日目にコースアウトで10m落ちてるのに見事復活。あっという間にペナルティ分をリカバリーで2位復活。もし、コースアウトがなければ…。まぁ、スポーツでタラレバはきりがないですが、今年もローブの能力はずば抜けてるということで。

それとPWRCでは日本人の奴田原文雄選手&エヴォ9がモンテ初優勝。おめでとうございます〜。


我らがスバル勢は5位にサラザン、6位にアトキンソンでした。新型フォーカス、結構かっこいいッスね。

posted by 天誅丸 at 02:47| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ

2006年01月11日

キャメルヤマハ

今年はサークル、アニメ、漫画以外でもこちらに書き込もうかと思っております。だって、私、話題少ないもんだから(^_^;。










ヤマハワークスがキャメルをスポンサーに迎えることに。

今年はロッシ、エドワーズともに真っ黄色のキャメルカラーなM1に乗ることになるんでしょうね。ちょっと違和感あるかも。キャメルの黄色とロッシのフラッシュイエローはかぶっちゃわないんでしょうか。ツナギがどんなデザインになるか興味津々。

posted by 天誅丸 at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ
Powered by さくらのブログ