2012年10月21日

まどかマギカ観てきた

まどかマギカの前後編を一気観してきました。流石に首が痛くなった。

改めて通して観るとやはり良くできてるなぁと感じた次第。ただ、完全な総集編なのでよほどのファンでない限りは無理して観なくても…と思ったりもしました。確かに、かなりのカットを描き直している印象なので、そこを観るだけでもアリと感じる人は満足できると思います。

後編はちょっと慌てて作った印象も。カットの繋ぎで描き直したところと既存の部分が上手く繋がってなくて、ちょっとガチャガチャしたところが気になりました。それと、TV版だとほむらの過去を描いたところでEDにOPが流れ、歌詞に秘められた意味を知って「おおっ!」って展開でしたが、映画だとほむらのタイムリープのあと突然TV版のOPが流れます。

で、ですね。ここでTV版OPを持ってくるというのはわかるんですよ。TV版でも感動したシーンですし。ただED扱いで流れたTV版と違い、映画の流れの中では唐突過ぎるのと、曲中のカットがほぼTVと同じなんですよ。個人的には流れに合わせてここは新たに描き起こして欲しかったなと。

と、いろいろ書きましたが、やっぱり良くできてると思いました。前半は2時間以上あったと思いますが飽きることなく観られましたし、キュウベイの薄ら寒さとか、ほむらの感情表現とか知っているからこその見方が出来たのもよかったと思います。

個人的にはファンであれば観に行って損はないと思います。
posted by 天誅丸 at 13:42| Comment(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

Powered by さくらのブログ