2006年01月23日

WRC Rd.1 モンテカルロ<リザルトあり>

今期の初戦はグロンホルムが優勝〜。しかし、それ以上に恐ろしいのは2位にロウブがいること。この人一日目にコースアウトで10m落ちてるのに見事復活。あっという間にペナルティ分をリカバリーで2位復活。もし、コースアウトがなければ…。まぁ、スポーツでタラレバはきりがないですが、今年もローブの能力はずば抜けてるということで。

それとPWRCでは日本人の奴田原文雄選手&エヴォ9がモンテ初優勝。おめでとうございます〜。


我らがスバル勢は5位にサラザン、6位にアトキンソンでした。新型フォーカス、結構かっこいいッスね。

posted by 天誅丸 at 02:47| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ
この記事へのコメント
先生もスバル党ですか。ソルベルクはモンテカルロを得意としていないし毎年スバルはあまり良い成績を残していないからあまり期待してはいませんでしたがリタイアは痛いですね。
ローブは今年も強いですね。初日にポジションダウンした時は不謹慎ですがやったと思いましたが、ステージベスト連発でみるみる順位を上げてくるのはワークスではないとはいえ今年も強敵ですね。
Posted by プロフィア at 2006年01月24日 03:17
何気にスバル乗ってるのでやっぱりスバル応援しちゃいますね〜。

ロウブは本当に強かったです。レグ2なんてすべてのSSでベストですからね。モンテマイスターとはいえプライベーターマシンでこの速さは完全に別次元っぽい気も。

まだシーズン始まったばかりですから、ペタをはじめスバル勢にも頑張って欲しいところですよね。
Posted by 天誅丸 at 2006年01月24日 11:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34670697

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ