2017年06月30日

月がきれい

「月がきれい」が最終回を迎えました。

オリジナルアニメで中学三年生の初恋を描いた作品。

ぶっちゃけ、完全にダークホースでした。でも、最終回まで観終わって、ここ数年では最高だと思います。中学生の特殊能力もなければ大事件も起きない普通の青春ラブストーリー。でも、初回から引き込む魅力があって毎回楽しく観てました。

このアニメ、やはり最大のキモは登場人物を中学生にしたこと。中学生だからこそぎこちない心の動きや態度に納得できるし、微笑ましく観ていられる。小太郎くんの態度を観ながら「どうしてそこで追いかけないんだっ!」とか、「なんでそう返しちゃうの?」って展開も、初恋の中学生なら「そうなっちゃうよなー」とか、初めての付き合いなら秘密にしちゃうよなぁとか、幼い行動も納得できる。中学生からしたら片道2時間なんて距離、果てしなく遠いよね。とはいえ、小太郎君がまるでダメかというと、遊園地の時に比良くんと二人きりだった茜ちゃんをみつけると「彼女だから」と堂々と宣言して男を見せたり。

大人サイドからみれば学力的に無理なのに彼女と一緒の学校に通いたいからと"通学時間2時間"なんて学校、普通は受験させないけれど、それも最後は理解して許してくれて、がんばって受験勉強してる息子をしっかり見守って学校と交渉してくれる母親。小太郎くんに要所要所で重要なアドバイスをくれる書店の立花さん。ここぞというところで絶妙なフォローをしてくれる友人のろまん。支えてくれる脇の人たちもいい味出してました。

付き合い始めてから、その先どうやってお話を展開させるんだろうかと思ったけど、最終回までしっかり面白かった話の組み立ては素晴らしいの一言でした。


EDのLINEが主人公二人の会話だったことのネタ晴らしや、結婚して子供が出来るところまでしっかり描いたこと(これをエピローグとしてEDにまとめたのもよかった)も、最後の最後までスッキリしました。
正直、ちょっと不安だったんですよ。中学生の初恋って結婚まで成就することなんてほぼほぼないし。となれば、最後はすれ違ってオシマイなのではと。なにより太宰治がタイトルモチーフになってるし、「僕の初恋はこうして終わりを告げた」なんて結末もありえると感じていたから。でも、最後の投稿小説からの流れは素晴らしかったし、ハッピーエンドでよかったです。

スタッフのみなさん、ありがとうございます、そしてお疲れさまでした。BD‐BOX買いますよ!
posted by 天誅丸 at 14:07| Comment(0) | アニメ

2017年06月23日

続・二輪車専用周遊パス

前に取り上げた二輪車専用周遊パスのお話。本格的に始まるようです。

詳しくはこちら

最近ツーリング行ってる身からするとこういうのはホントにありがたい。ただ、地域が分かれてしまっているため、今の私の住んでいる場所だと乗り放題地域プラスそこまでの料金がかかります。なので、使う場合は事前の料金チェックが必須。当たり前かもしれないけれど、都心部からの利用が前提になってるんですねぇ。
この範囲だと日帰りは千葉辺りが選択肢になるかなぁ。北の二つは距離が短くて私的にはダメですね。伊豆方面のプランはそこまで行くのにまた料金がかかるので、これも場所次第。ただ、これが始まったら高速を乗り降りして贅沢なルートを考えてみたり、一泊での遠距離ツーリングなんかも考えらるのでツーリングの幅が広がりそうです。
posted by 天誅丸 at 13:54| Comment(0) | バイク

2017年06月14日

R254西進ツーリング

やってきました、月イチツーリング。今回は国道254号をひたすら西進するコース。前回、国道299号を西進、ビーナスラインを白樺湖まで行って時間切れだったので、今回はR254を通って白樺湖まで行き、そこから前回未踏破のビーナスライン北側を行こうという計画。

秩父までは通いなれた道なのでそこから更に西進します。前回のR299と違い、いわゆる普通の国道なのでまったり走行。下仁田を過ぎる辺りから少しずつ交通量も少なくなってきました。で、この辺りから上信越道の警告板に「R254 内山峠 全面通行止め」の文字が。ん?通行止め?
結局、橋の工事らしくて迂回しないといけないことに。県道51号、通称上毛三山パノラマ街道を通って一路妙義山方面へ。途中、県道196号に入り、中之岳付近の駐車場で休憩。ツナギ来たNチビ乗りとか走り屋系なバイクがちらほら。峠道は楽しいけど思わぬタイムロス。

中之岳付近

その後、峠を下り県道51号から国道18号へ迂回します。結局、今年何度目かの碓氷峠。今回は通過目的だったのでバイパスで時間短縮。

この時点で結構時間を食ってしまい、慌てて白樺湖を目指します。途中、山に上がる前にガソリン補給を、とスタンドを探したことで更なるタイムロス。

R18 から国道152号に左折。標識を見ながら白樺湖目指して峠をまったり上っていきます。白樺湖に着いたら今回のメインであるビーナスライン北側へ。天気も気温も最高で本当に気持ちよかったです。

ビーナスライン駐車場

しかし…ビーナスラインをなめてました。もう少し短いと思ってたんだけど、北側だけでも意外と長い。迂回したこともあって美ヶ原高原に到着するころには15時を回ってました。ホント、日が暮れるのが遅くなってイマイチ時間の感覚があいまいに。

美ヶ原高原高原美術館

美ヶ原高原からの眺望

慌てて帰路に。ところがこの美ヶ原高原美術館から北側の路面が恐ろしくボロボロで、センターラインは消えちゃってるわ、道路幅はコロコロ変わるわ、路面のうねりも激しいわで、前回の酷道299号も真っ青の走りにくさ。ツーリング後半の疲労もあり、クタクタになりながらやっとこさ下りきり、県道62号に合流。本当なら左折して北上し、R254に合流するつもりだったんだけれど、疲労も時間もイッパイイッパイ。右折してR152に戻るルートを選択。また、走破できなかったデス。

東部湯の丸ICを目指して途中から県道81号に入り、そのまま上信越道に乗って、前から入ってみたかった佐久平PAからも入場できる"平尾温泉 みはらしの湯"に。上里SAで休憩後帰宅しました。

今回はビーナスラインは走破したものの、当初目的だった内山峠やビーナスライン北側のR254までの接続部を走れなかったのが残念。まぁ、次の機会ということで来月も何処に行こうかと思いを巡らしているところです。
posted by 天誅丸 at 15:11| Comment(0) | バイク

2017年06月05日

MotoGP Rd.6 ムジェロ

ドカ、勝ちましたねぇ。しかもライダーはドヴィツィオーゾ。イタリアメーカーでイタリアンライダーってのは、そりゃムジェロも盛り上がったでしょう。しかも、Moto2.3でもイタリア人ライダーが優勝。これ、日本で同じことが起こったらと思うと、サーキットの盛り上がりは最高潮でしょうね。

ドカは相変わらずの詐欺臭い(失礼)ストレートスピードで、ホームストレートの後半でヤマハの二人に追いついて抜き去るという芸当をやってのけ、ホルヘが一時トップを走るという状態でした。ただ、ホルヘに関しては従来のドカパターンで、インフィールドで抜かれて差をつけられズルズル後退。
しかし、ここでいつもと違うのはドヴィ。インフィールドでもヴィニャーレスにしっかりと食いついていき、ストレートでのアドバンテージも保ってトップに立つと、あとは千切って優勝。ペトルッチもヴィニャーレスに抜き返されるも3位表彰台という快挙。ドライコンディションでですよ。
ヤマハ二人は前後ともハードタイヤ、ドヴィはミディアムだったので、後半落ちるかもと思っていましたがとんでもない。まさに完勝でした。やっぱりあの弁当箱こと、マスダンパー(かもしれない)がタイヤ消耗度に対して効果があるんでしょうかね。

ジジとホルヘはドカのGPシリーズをより曲がるマシンに変えていくつもりのようですが、ストレートがバカみたいに速く、タイヤに優しくて、しかもよく曲がったらイヤなバイクになりますねぇ。普通ならどれかが犠牲になりそうな気もするんですが、ドカは全部揃えそうで怖い。

さて、問題はホンダ勢。調子のよかったダニも2016年仕様のフロントタイヤになったからか精彩を欠き、前年チャンピオンのマルクに至っては本当に噛み合っていない。前年までの多少マシンが振られようが滑ろうが、全く気にせず修正してしまう、超人的というか強固なイメージがないんですよね。なんというか、中本さんという絶対的なリーダーがいなくなって、マシンの方針がブレブレになってるんじゃないかと思ってしまう。私はホンダファンなので、是非とも頑張ってほしいところです。

まぁ、SBKでもそうだけど、最近のホンダレーシングはちょっと不甲斐ない気がします。
posted by 天誅丸 at 15:32| Comment(0) | モータースポーツ
Powered by さくらのブログ