2017年02月27日

バイクレースのシーズンイン

WSBが始まりました。私のバイクレース観戦もシーズンイン。WSBは中こそ違うけれど外見は市販車のバイクレース。接触もあるかなり迫力あるレースです。

さて、今年の前評判は昨年の覇者ジョナサン・レイ擁するZX-10RRとチャズ・デイビス擁するパニガーレの一騎打ちな感じでしたが、レース1、2ともにまさにそんな感じ。そこにロウズのR1が絡んできてかなりの接戦になりました。
レース1ではマルコが、レース2ではサイクスがそれぞれ脱落してしまったわけだけど、レイとデイビスのバトルは本当に見ごたえありましたね。そこへ、サイクス、マルコ、ロウズ、それにフォーレスまで加わって実に興奮する第1戦フィリップアイランドになりました。
特にレース2は最後の最後まで争うレース。タイム差0.025秒。やはり最終ラップの第一コーナーで前に出たレイの作戦勝ちでしたね。

さて、問題はレイの相棒のサイクス。レイが来てからNo.2な立場に甘んじてますが、フィリップアイランドは苦手とはいえ、レース2の失速はちょっと心配になるレベル。まぁ、シーズンは始まったばかりなので少しずつ修正してぜひともレイ、デイビスの間に割って入ってほしいです。


そして、ホンダ勢。ホントに勝つつもりがあるのか。もともとホンダはここしばらくWSBには及び腰という感じだったのだけれど、ヘイデン獲得でもうちょっと真面目にやるかと思ったんだけどもテストからすでに散々で開発もうまくいかず、CBRも新型とはいえエンジンやフレームはキャリーオーバーなわけだから、もうちょっと前準備もちゃんとしてくれたらと。ヘイデンだってやってられないと思うのでは。RVFっぽいVエンジンの新型を開発してるなんて噂もまた出ているようだけど、あと2年もヘイデンは待てないよねぇ。ホンダ好きなので頑張ってほしいんですよ。去年のCBRの方がまだマシだったなんてヒドイ。
一方でR1はよくなってきました。新規参戦の去年はなかなかいいところを見せられず、他のレースでは無類の強さを見せているだけに残念だったけれど、ヤマハも本腰いれてくれている感じもします。ロウズは相変わらずラフな走りだけど、転倒することもなく、そこは落ち着いているみたい。


WSB、次戦も楽しみです。
posted by 天誅丸 at 14:10| Comment(0) | モータースポーツ
Powered by さくらのブログ