2017年07月09日

正解するカドは不正解だった

正解するカド、面白かったんですが、個人的には最後「どうしてこうなった…」が正直な感想。面白かったぜ!という方はスルーで。

できればザシュニナは悪役にならずにいて欲しかった。交渉が前面に出ていたわけだから、もうちょっと話し合いで終わらせて欲しかったですねぇ。
途中までは面白かったんですよ。カドを転がす辺りまでは。ただ、前半微妙なキャラだった沙羅花さんが"くり"Tシャツを着た辺りから変化をはじめ、ザシュニナの不敵な笑み辺りから完全な進路変更を感じました(アニメの中ではなく自分の感想的に)。

最後、ザシュニナの意表を突くということで「作ったアーマーはブラフで、実は小作りが本物でした」ってのはすっ飛びすぎて呑み込めなかったです。いや、ああいう視聴者も含めた意表の付き方はアリではありますが、なんというか、そういう意表の付き方じゃ、最初の"交渉"が何処かへ行ってしまう。

最初はよかったんですよ。テクノロジーも概念も完全に高次元の生命体が地球にもたらした技術が起こす大きな波乱。人類全体での認識の違いや葛藤。そういう大きなお話が、沙羅花さんが前面に出てきてから急激にコンパクトなお話になってしまった感じでした。
本当は、真道さんとザシュニナの間にできた概念の齟齬を交渉で解決する、みたいな展開を期待していたんですが、やはり、そいうお話は正解を描くのが難しいってことなんですかね。最後はザシュニナが人類をモルモット程度にしかみていなかった的な定番展開になってしまい、敵対関係からの最強娘にボッコボコという情けないオチに。ザシュニナさんには納得したうえでお帰りいただきたかった。

それと、あの場合、真道さんが死ぬ必要性があったんだろうか。娘があれだけ強ければ、真道さんが死ぬことはなかったと…。その辺がよくわからないというより、なんで死んじゃったの?という疑問がひたすら頭をもたげましたねぇ。それと花森くん。いくら世界のためとはいえ自分の16年を奉げてまで他人の娘を育てるなんて健気すぎる。

まぁ、なんというかホントに私の中では不正解になってしまったカドでした。




さて、ここからはエロいお話。サークル天山工房的なw。イヤな方はスルーで。


思ったんですよ。真道さんと沙羅花さんはいわゆる"精神と時の部屋"で小作りしたわけですよね。で、真道さんは少なくとも娘が生まれてすぐその"部屋"を出たんではないかと。16年だと見た目が変わってしまいますからね。沙羅花さんは流石に生まれたばかりの赤ちゃんを放り出すわけにも行かず、2.3年はいたんじゃないかと考える訳ですよ。まだ若いから2.3年で見た目変わらないし。すると、そこには沙羅花と花森くんが残るわけで。花森くんは沙羅花さんが異邦存在で裏切り者だと聞かされた時、結構落ち込んでいたことを考えると、好意はあったわけなんですよ。そして、そこで2.3年家族として過ごせば…。

やべぇ、NTR的なカドを描きたくなってきたw
posted by 天誅丸 at 17:39| Comment(0) | アニメ

2017年06月30日

月がきれい

「月がきれい」が最終回を迎えました。

オリジナルアニメで中学三年生の初恋を描いた作品。

ぶっちゃけ、完全にダークホースでした。でも、最終回まで観終わって、ここ数年では最高だと思います。中学生の特殊能力もなければ大事件も起きない普通の青春ラブストーリー。でも、初回から引き込む魅力があって毎回楽しく観てました。

このアニメ、やはり最大のキモは登場人物を中学生にしたこと。中学生だからこそぎこちない心の動きや態度に納得できるし、微笑ましく観ていられる。小太郎くんの態度を観ながら「どうしてそこで追いかけないんだっ!」とか、「なんでそう返しちゃうの?」って展開も、初恋の中学生なら「そうなっちゃうよなー」とか、初めての付き合いなら秘密にしちゃうよなぁとか、幼い行動も納得できる。中学生からしたら片道2時間なんて距離、果てしなく遠いよね。とはいえ、小太郎君がまるでダメかというと、遊園地の時に比良くんと二人きりだった茜ちゃんをみつけると「彼女だから」と堂々と宣言して男を見せたり。

大人サイドからみれば学力的に無理なのに彼女と一緒の学校に通いたいからと"通学時間2時間"なんて学校、普通は受験させないけれど、それも最後は理解して許してくれて、がんばって受験勉強してる息子をしっかり見守って学校と交渉してくれる母親。小太郎くんに要所要所で重要なアドバイスをくれる書店の立花さん。ここぞというところで絶妙なフォローをしてくれる友人のろまん。支えてくれる脇の人たちもいい味出してました。

付き合い始めてから、その先どうやってお話を展開させるんだろうかと思ったけど、最終回までしっかり面白かった話の組み立ては素晴らしいの一言でした。


EDのLINEが主人公二人の会話だったことのネタ晴らしや、結婚して子供が出来るところまでしっかり描いたこと(これをエピローグとしてEDにまとめたのもよかった)も、最後の最後までスッキリしました。
正直、ちょっと不安だったんですよ。中学生の初恋って結婚まで成就することなんてほぼほぼないし。となれば、最後はすれ違ってオシマイなのではと。なにより太宰治がタイトルモチーフになってるし、「僕の初恋はこうして終わりを告げた」なんて結末もありえると感じていたから。でも、最後の投稿小説からの流れは素晴らしかったし、ハッピーエンドでよかったです。

スタッフのみなさん、ありがとうございます、そしてお疲れさまでした。BD‐BOX買いますよ!
posted by 天誅丸 at 14:07| Comment(0) | アニメ

2017年06月23日

続・二輪車専用周遊パス

前に取り上げた二輪車専用周遊パスのお話。本格的に始まるようです。

詳しくはこちら

最近ツーリング行ってる身からするとこういうのはホントにありがたい。ただ、地域が分かれてしまっているため、今の私の住んでいる場所だと乗り放題地域プラスそこまでの料金がかかります。なので、使う場合は事前の料金チェックが必須。当たり前かもしれないけれど、都心部からの利用が前提になってるんですねぇ。
この範囲だと日帰りは千葉辺りが選択肢になるかなぁ。北の二つは距離が短くて私的にはダメですね。伊豆方面のプランはそこまで行くのにまた料金がかかるので、これも場所次第。ただ、これが始まったら高速を乗り降りして贅沢なルートを考えてみたり、一泊での遠距離ツーリングなんかも考えらるのでツーリングの幅が広がりそうです。
posted by 天誅丸 at 13:54| Comment(0) | バイク

2017年06月14日

R254西進ツーリング

やってきました、月イチツーリング。今回は国道254号をひたすら西進するコース。前回、国道299号を西進、ビーナスラインを白樺湖まで行って時間切れだったので、今回はR254を通って白樺湖まで行き、そこから前回未踏破のビーナスライン北側を行こうという計画。

秩父までは通いなれた道なのでそこから更に西進します。前回のR299と違い、いわゆる普通の国道なのでまったり走行。下仁田を過ぎる辺りから少しずつ交通量も少なくなってきました。で、この辺りから上信越道の警告板に「R254 内山峠 全面通行止め」の文字が。ん?通行止め?
結局、橋の工事らしくて迂回しないといけないことに。県道51号、通称上毛三山パノラマ街道を通って一路妙義山方面へ。途中、県道196号に入り、中之岳付近の駐車場で休憩。ツナギ来たNチビ乗りとか走り屋系なバイクがちらほら。峠道は楽しいけど思わぬタイムロス。

中之岳付近

その後、峠を下り県道51号から国道18号へ迂回します。結局、今年何度目かの碓氷峠。今回は通過目的だったのでバイパスで時間短縮。

この時点で結構時間を食ってしまい、慌てて白樺湖を目指します。途中、山に上がる前にガソリン補給を、とスタンドを探したことで更なるタイムロス。

R18 から国道152号に左折。標識を見ながら白樺湖目指して峠をまったり上っていきます。白樺湖に着いたら今回のメインであるビーナスライン北側へ。天気も気温も最高で本当に気持ちよかったです。

ビーナスライン駐車場

しかし…ビーナスラインをなめてました。もう少し短いと思ってたんだけど、北側だけでも意外と長い。迂回したこともあって美ヶ原高原に到着するころには15時を回ってました。ホント、日が暮れるのが遅くなってイマイチ時間の感覚があいまいに。

美ヶ原高原高原美術館

美ヶ原高原からの眺望

慌てて帰路に。ところがこの美ヶ原高原美術館から北側の路面が恐ろしくボロボロで、センターラインは消えちゃってるわ、道路幅はコロコロ変わるわ、路面のうねりも激しいわで、前回の酷道299号も真っ青の走りにくさ。ツーリング後半の疲労もあり、クタクタになりながらやっとこさ下りきり、県道62号に合流。本当なら左折して北上し、R254に合流するつもりだったんだけれど、疲労も時間もイッパイイッパイ。右折してR152に戻るルートを選択。また、走破できなかったデス。

東部湯の丸ICを目指して途中から県道81号に入り、そのまま上信越道に乗って、前から入ってみたかった佐久平PAからも入場できる"平尾温泉 みはらしの湯"に。上里SAで休憩後帰宅しました。

今回はビーナスラインは走破したものの、当初目的だった内山峠やビーナスライン北側のR254までの接続部を走れなかったのが残念。まぁ、次の機会ということで来月も何処に行こうかと思いを巡らしているところです。
posted by 天誅丸 at 15:11| Comment(0) | バイク

2017年06月05日

MotoGP Rd.6 ムジェロ

ドカ、勝ちましたねぇ。しかもライダーはドヴィツィオーゾ。イタリアメーカーでイタリアンライダーってのは、そりゃムジェロも盛り上がったでしょう。しかも、Moto2.3でもイタリア人ライダーが優勝。これ、日本で同じことが起こったらと思うと、サーキットの盛り上がりは最高潮でしょうね。

ドカは相変わらずの詐欺臭い(失礼)ストレートスピードで、ホームストレートの後半でヤマハの二人に追いついて抜き去るという芸当をやってのけ、ホルヘが一時トップを走るという状態でした。ただ、ホルヘに関しては従来のドカパターンで、インフィールドで抜かれて差をつけられズルズル後退。
しかし、ここでいつもと違うのはドヴィ。インフィールドでもヴィニャーレスにしっかりと食いついていき、ストレートでのアドバンテージも保ってトップに立つと、あとは千切って優勝。ペトルッチもヴィニャーレスに抜き返されるも3位表彰台という快挙。ドライコンディションでですよ。
ヤマハ二人は前後ともハードタイヤ、ドヴィはミディアムだったので、後半落ちるかもと思っていましたがとんでもない。まさに完勝でした。やっぱりあの弁当箱こと、マスダンパー(かもしれない)がタイヤ消耗度に対して効果があるんでしょうかね。

ジジとホルヘはドカのGPシリーズをより曲がるマシンに変えていくつもりのようですが、ストレートがバカみたいに速く、タイヤに優しくて、しかもよく曲がったらイヤなバイクになりますねぇ。普通ならどれかが犠牲になりそうな気もするんですが、ドカは全部揃えそうで怖い。

さて、問題はホンダ勢。調子のよかったダニも2016年仕様のフロントタイヤになったからか精彩を欠き、前年チャンピオンのマルクに至っては本当に噛み合っていない。前年までの多少マシンが振られようが滑ろうが、全く気にせず修正してしまう、超人的というか強固なイメージがないんですよね。なんというか、中本さんという絶対的なリーダーがいなくなって、マシンの方針がブレブレになってるんじゃないかと思ってしまう。私はホンダファンなので、是非とも頑張ってほしいところです。

まぁ、SBKでもそうだけど、最近のホンダレーシングはちょっと不甲斐ない気がします。
posted by 天誅丸 at 15:32| Comment(0) | モータースポーツ

2017年05月31日

二輪車専用周遊パスとか

こんな記事が。

最近ツーリングに行く頻度がそこそこ増えてきていると感じる私ですが、こういう試みをしてくれること自体はいいことではないかと。

ETC前提っぽいので、ネットからの事前予約とかになりそうなんですが、そうなると当日に天候不順でキャンセルの場合とか、そもそもバイク旅は気ままに出かけることもあるとすれば、事前登録は意味ないんじゃないかとか言われることもあるとは思うんですが、バイクに乗る機会を少しでも増やすためにこういうシステムを作ってくれることはいい事だと思います。私は活用してみたいと思いますね。


それと以前からちらほら話題になってる普通免許で125ccまで乗れるようにする案。私はアリだと思うんですよ。どうやら小型免許を取る時間を削る〜みたいな話になっているようですが、それはあまり意味がない。また、ネットみると"危険だ"の大合唱ですが、そもそも125カテゴリなら自動車専用道路には乗れないし、普通免許を取っていれば交通法規は理解しているハズだし。問題があるとすれば"バイクに乗る技能"の部分だけど、それを言ったら原付だって同じ。2段階右折だの30q/h制限なんて交通の流れからすれば危険極まりない。原付自体がガラパゴスなわけで。排ガス規制関係でも既に小排気量は限界にきているので、普通免許125ccまでを解禁して小型の需要を掘り起こしてほしいところです。

日本ではバイクはひたすら斜陽カテゴリなので。
posted by 天誅丸 at 11:45| Comment(0) | バイク

2017年05月29日

R299西進ツーリング

とりあえず月一回はツーリングに行こうということで行ってきました。

酷道と名高いR299をひたすら西に走るツーリング。始点というか終点の入間側は秩父までなら結構走っているので、今回はそれより西側を目指します。とりあえずひたすら下道でどこまでいけるか。

まずは国道299号に入りひたすら道なり。小鹿野を通過し結構綺麗で広い道が続きます。途中、集落を通過したりする時は細い道もあり、のんびり走行。道の駅うえのに到着。

DSC_0282.jpg

結構な数のバイクが停まっていて、休憩してました。当日は気温が高いこともあり水分補給。実はこの先に川の駅うえのというのがあり、そちらの方が規模も大きくて…そっちで休憩すればよかった。
そのまま十石峠までひた走ります。途中交互通行な場所が何か所もあったりしたものの、酷道というから結構身構えてたんだけど、全然問題なし。

P1020832.jpg

P1020837.jpg

まぁ、"国道"とすれば十二分に狭いです。
十石峠展望台に到着。

P1020840.jpg

天気は良かったんだけど、展望台からの眺めはガスってる感じですねぇ。
P1020843.jpg

休憩もそこそこに再び西進。長野側の方がもう少し酷道っぽかったかな。

その後、国道141号に合流して南下、国道299号のメルヘン街道に接続して西進します。
日曜だからなのか観光地の割には車の台数も少なく道は快適でした。ただ、メルヘン街道も麦草峠周辺になってくると標高が高く、雪で路面がやられるためか、路面の荒れがかなり目立って走りずらいと感じましたね。

茅野に入ってから、ビーナスラインの看板発見。国道299号の始点まで、と思っていたんだけれど、せっかくなのでビーナスラインを行こうと決断。この時点でお昼過ぎでした。
上り始めてふと気づくガソリン残量。今のペースだとビーナスラインの完走は無理。おそらく途中で給油が必要で、美ヶ原のほうにもスタンドがありそうなんだけど、やはり山の上は高い…ということで、一路茅野に向けて下ることにしました。

結構下がってからスタンドで給油してから再度上ります。

ビーナスラインの途中、女の神展望台
P1020856.jpg

ひたすら上って白樺湖到着。しかし、ここで14時を回っていたので、帰宅時間を考えるとこれ以上は厳しいと判断。白樺湖畔のスズランの湯に浸かって帰路に。
P1020858.jpg

帰り道に女神湖に寄ってきました。
P1020868.jpg

帰りは上信越道を通って一気に帰路へ。途中、横川SAに寄って休憩。そこでヘッドライトが切れていることに気づきました。まぁ、1灯生きているので問題なしと判断して帰宅しました。


しかし、横川SA。今、バリアフリー化工事をしているんだけど、あれはあれでちょっと危険な気も。ずっとコーンが立っているけれど、その気になれば車で乗りこむこともできちゃうわけで、踏み間違えなんかで突っ込まれたら…と思った次第。あと、バイク用の駐車場所がギュウギュウに詰めても5、6台が限界というスペースなのはどうなのかと。かなり台数がいたんだけど、みんな車スペースに停めてました。台数いれば問題ないけど、バイク一台で普通車の枠に停めるのは勇気がいるのですよ。まぁ、大体SAのバイク駐車エリアなんて足りないのが当たり前の現状なんだけど、もうちょっと考えてほしいなと。私がきづかないだけで他にもスペースがあったのかもしれないですが。

posted by 天誅丸 at 17:00| Comment(0) | バイク

2017年05月28日

ヘッドライトバルブの交換

うちのバイク、この間行ったツーリングの帰りにバルブが切れました。幸いうちの595は2灯でローでも両方点灯するためさほど問題にならず帰宅。

最近はツーリングが楽しくてふらりと出かける可能性もあるので早めに切れたバルブを交換することにしました。
ただ、595はヘッドライトバルブまでのアクセスが果てしくなくメンドクサイということ。普通のバイクならヘッドライトユニットの裏側に手が入って、そのままバルブが外せたり、そうでなくても少しバラすだけでなんとななるんだけど、595の場合は…

DSC_0292.jpg

こんな感じにバラさないといけないわけで。ヘッドライトユニットを外してバルブにアクセス。どんだけ整備性が悪いのかと。片方切れたのならもう片方も切れるだろうと、両方交換しました。
で、テスト点灯してから組み直して…と今度はうまくヘッドライトが固定されない。おかしいなと思ってヘッドライトユニットを見てみると、ボディとヘッドライトユニットを固定しているプラパーツの一部が変形して裂けてる!? これは最悪ヘッドライトを買い替えるなんて大出費を覚悟しないと…と思いつつ、固定している両サイドのネジを締め込むと、なんとかゴマカシ固定できました。カウルを着けると更にしっかり固定されるので、とりあえずこれで乗ってみようかと。

組付け後再度点灯。すると、今度はライトが点かない!? パッシングは作動するので配線の問題ではないし、念のためヒューズもチェック。何度かHi-Lowスイッチをカチカチやってると…点いた!
どうやらスイッチの接触不良っぽいです。

実際、既にゴムや樹脂パーツがあちこちヤレているのをみると、今年で二十歳になったこのバイクもいろいろ手を入れないといけないと思った次第。あとは夜走ってみて光軸チェックしないと。
posted by 天誅丸 at 14:19| Comment(0) | バイク

2017年05月19日

ツーリング

先月4月にツーリングに行ってきました。ダイブ遅いけれどもレポートをば。

新しいヘルメットを買ったので、その慣らしも兼ねて、碓氷峠にあるめがね橋(碓氷第三橋梁)に行きたくなり出発。関越をひた走ります。

DSC_0235.JPG

上里で休憩したあと一路めがね橋を目指して出発。上信越道へ。松井田妙義で降りたら国道18号から旧道へ入り、碓氷峠へ。

DSC_0236.JPG

めがね橋到着。この日は本当に天気がよくて気温も丁度よく、最高のツーリング日和でした。以前峠の湯から歩いたことはあるんだけど、下の駐車場からは初めて。階段を上って橋の上に出ます。休日だけあって結構人がいました。

その後、18号を西に走り浅間サンルートにはいります。これがまた絶景。ヘルメットがクリアシールドで色がつかないこともあってまったり走りながら景色を満喫。ミラーシールドに付け替えるか正直迷うレベル。
そこから、県道4号へ分岐。湯楽里館を目指します。せっかく入浴グッズを持ってきたんだからのんびり入りたいところ。この4号もこれまたいい景色でのんびり走りました。

DSC_0248.JPG

湯楽里館に到着。絶景。ちょうどいい気温の風が吹いていて、のんびり風呂を満喫しました。

DSC_0249.JPG

桜も咲いてましたよ。

その後、来た道を戻って帰宅。やはり天気がいいとホントに気持ちいいですね。
posted by 天誅丸 at 17:57| Comment(0) | バイク

2017年02月27日

バイクレースのシーズンイン

WSBが始まりました。私のバイクレース観戦もシーズンイン。WSBは中こそ違うけれど外見は市販車のバイクレース。接触もあるかなり迫力あるレースです。

さて、今年の前評判は昨年の覇者ジョナサン・レイ擁するZX-10RRとチャズ・デイビス擁するパニガーレの一騎打ちな感じでしたが、レース1、2ともにまさにそんな感じ。そこにロウズのR1が絡んできてかなりの接戦になりました。
レース1ではマルコが、レース2ではサイクスがそれぞれ脱落してしまったわけだけど、レイとデイビスのバトルは本当に見ごたえありましたね。そこへ、サイクス、マルコ、ロウズ、それにフォーレスまで加わって実に興奮する第1戦フィリップアイランドになりました。
特にレース2は最後の最後まで争うレース。タイム差0.025秒。やはり最終ラップの第一コーナーで前に出たレイの作戦勝ちでしたね。

さて、問題はレイの相棒のサイクス。レイが来てからNo.2な立場に甘んじてますが、フィリップアイランドは苦手とはいえ、レース2の失速はちょっと心配になるレベル。まぁ、シーズンは始まったばかりなので少しずつ修正してぜひともレイ、デイビスの間に割って入ってほしいです。


そして、ホンダ勢。ホントに勝つつもりがあるのか。もともとホンダはここしばらくWSBには及び腰という感じだったのだけれど、ヘイデン獲得でもうちょっと真面目にやるかと思ったんだけどもテストからすでに散々で開発もうまくいかず、CBRも新型とはいえエンジンやフレームはキャリーオーバーなわけだから、もうちょっと前準備もちゃんとしてくれたらと。ヘイデンだってやってられないと思うのでは。RVFっぽいVエンジンの新型を開発してるなんて噂もまた出ているようだけど、あと2年もヘイデンは待てないよねぇ。ホンダ好きなので頑張ってほしいんですよ。去年のCBRの方がまだマシだったなんてヒドイ。
一方でR1はよくなってきました。新規参戦の去年はなかなかいいところを見せられず、他のレースでは無類の強さを見せているだけに残念だったけれど、ヤマハも本腰いれてくれている感じもします。ロウズは相変わらずラフな走りだけど、転倒することもなく、そこは落ち着いているみたい。


WSB、次戦も楽しみです。
posted by 天誅丸 at 14:10| Comment(0) | モータースポーツ
Powered by さくらのブログ